ストレス発散のすすめ

ストレス発散のすすめのアイキャッチ画像既卒やフリーターといった立場の人はお気楽な身分ととらえられることは多いものです。

しかし、実際は疲れたり、ストレスがたまることも多いはずです。

既卒やフリーターといった立場であっても、ストレス発散はかなり重要なことだと思います。

ここでは、どのようにしてストレス発散をすればよいのか紹介していきます。

目次

銭湯
最近銭湯とか行っていますか。
一人で行くのってちょっと・・・って思っている方も一度行ってみてください。

特に昼の3時くらいがいいです。
夕方くらいになると仕事終わりのおじさんたちが、汗を流しにくるのでかなり混むのですが、昼の3時だと、がらがらなので開放感を味わう事ができます。

一人だとゆっくりできるし、サウナと水風呂の往復もし放題です。そして、お風呂から出た後にコーヒー牛乳でも飲んだなら生きててよかったと思うはずです。

就職活動も夏場になると、汗だくになるので、その帰りによるのもいいと思います。だいたい300円程度です。

一聞は一見にしかず。ぜひ利用してみてください。
ウォーキング・ジョギング
最近運動してないな、何かやるきがでないなぁ、などと思っている人もいるのではないでしょうか。

人間ある程度運動しないと生命力がなくなってくるんじゃないかと思います。

テレビをみていてもスポーツをやっている人達は生命力みたいなのがみなぎっているように見えますよね。

部活をやっている人が、やっていない人より就職が決まりやすいという事実も、こういったことからなりたっているのかもしれません。

そこで、ウォーキングやジョギングがおすすめです。

あまり激しい運動をすると、疲れてしまうことがありますが、ウォーキングやジョギングであれば自分のペースで行うことができ、ストレス発散にも非常に有効です。

生活リズムを整える上でも役に立つので、ぜひチャレンジしてみてください。
読書
ストレス発散方法として読書をしている人も多いです。

既卒やフリーターの生活でストレスとなる原因の一つに、自分が成長していない事に対する焦りや不安があると思います。

そういったストレスを発散するために、毎日ゲームをしたりテレビを見たりしたところで、日にちが過ぎるだけで余計ストレスが溜まり、悪循環になってしまいます。

既卒になった人も、読書をすれば、いろんな人の価値観を知る事や、過去の偉大な人の知識を得る事は物事を見極める、新たな視点を持つことができるので、成長を実感することができるはずです。

そういったことから、新卒からそのまま、社会人になって仕事に関する知識ばかりを築いている人より、読書などにより幅広い視点を得た人のほうが、後々成功をする可能性もあるのではないかと思います。

いい本は人間を飛躍的に成長させるという事に間違いはないと思います。

そして、成長をしていると思えることは、最もよいストレス発散だと思います。

同一カテゴリーのページ

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る