既卒とは?のアイキャッチ画像既卒者とは、中、高、大学を卒業して就職をしていない人達のことです。

明確な定義がないものの一般的に、第二新卒を、一度就職してから、1、2年以内にやめた人のことをいうのに対し、既卒者は一度も就職していない人を指します。

既卒者になる理由は様々で、新卒のときに就職が決まらなかった人や、公務員などを目指していて、一般企業に就職することに転向した人などがいます。

新卒などに比べて、既卒になると就職活動がかなり難しくなります。

新卒では全ての企業がポテンシャル重視で採用選考を行うのに対し、既卒になると転職者と同じように扱う企業もあり、技術や能力が必要とされる場合があります。

また、既卒者は新卒者向けの求人サイトに掲載されている求人から採用されにくくなります。

新卒者向けの求人サイトには大手企業の求人がたくさん掲載されているのですが、企業はあくまで新卒者を対象に求人を出しているので、既卒者が採用される可能性が非常に低くなっています。

そういったことから、既卒者は主に、転職サイトを利用しています。

転職サイトは仕事経験がある人が利用するものと考えがちですが、新卒者以外の、既卒者やフリーター、などもたくさん利用しています。

既卒者が就職活動をする際によく利用するサイトには、

があるので、ぜひ利用してみてください。

また、就職活動の面接では、既卒者ならではの質問をされることがあります。

既卒者が面接で質問されることに対しての回答方法については、

「なぜ既卒になってしまったのですか?」という面接での質問へ答えるには?のアイキャッチ画像「なぜ既卒になってしまったのですか?」という面接での質問へ答えるには?

で紹介しているので、こちらもチェックしてみて下さい。

既卒者に人気の求人情報サイトランキング

第1位
リクナビNEXT
既卒者やフリーターといった立場から就職活動をはじめる場合に、ほとんどの方が利用している求人情報サイトです。

求人の量も質も充実している人気サイトです。
第2位
JAIC(ジェイック)
就職活動を何から始めたらいいのか分からない人に、就職活動の仕方を教えてくれたり、優良企業の紹介をしてくれる人材紹介会社。

女性向けの「女子カレッジ」もあります。
第3位
リクナビ派遣
正社員を目指した就職活動をするのではなく、派遣社員になってから正社員になる紹介予定派遣の求人が充実しています。

もちろん、派遣社員を目指す方も利用できます。

既卒者が使っている全ての求人サイトを見る方は、以下の記事を確認してください。

既卒、フリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒から就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る