第二新卒とは?のアイキャッチ画像第二新卒とは、新卒から入社して3年以内に退職した人を指します。

国の調査で、中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が3年以内に退職しているという結果が出ています。

退職理由には、仕事のミスマッチ、人間関係の問題など様々なものがあります。

しかし、問題なのが、第二新卒になる人の中には、転職するのではなくフリーターになったり、無職状態が続いてしまう人もいるということです。

仕事経験の中でかかえた問題から、次の仕事を見つけるのが億劫になってしまうようです。

しかし、第二新卒は、一度就職をしているという事で既卒の人に比べ転職する上では非常に有利です。

第二新卒を雇いたいと考えている企業は多いですし、求人サイトでも第二新卒を支援している所がとても多いからです。

もし、次の仕事を探す事に問題がないのであれば、早く動き出すことをお勧めします。

ブランクは長くなれば長くなる程、第二新卒というブランドの価値はどんどん下がっていくからです。

また、ブランクがある場合「その期間何をしていたのか?」っという事を次の面接で必ず聞かれると思いますので、理由を説明できるようにしておいた方が良いでしょう。

第二新卒の方は既卒、フリーターが使っている求人情報サイトで紹介している求人サイトはほとんど利用できます。

また、キャリアカウンセリングがつく人材紹介会社も利用できます。

このキャリアカウンセリングは、今現在の年収などを査定し、より条件の良い仕事を探してくれるシステムです。

こういった人材紹介会社は、既卒では求人を得るのが難しいので既卒までサポートされていない場合が多いです。

ですので、第二新卒の特権と思って利用してみるといいのではないでしょうか。

キャリアカウンセリングを受けられる人材紹介会社の主なものにリクルートエージェントがあります。

既卒者に人気の求人情報サイトランキング

第1位
リクナビNEXT
既卒者やフリーターといった立場から就職活動をはじめる場合に、ほとんどの方が利用している求人情報サイトです。

求人の量も質も充実している人気サイトです。
第2位
JAIC(ジェイック)
就職活動を何から始めたらいいのか分からない人に、就職活動の仕方を教えてくれたり、優良企業の紹介をしてくれる人材紹介会社。

女性向けの「女子カレッジ」もあります。
第3位
リクナビ派遣
正社員を目指した就職活動をするのではなく、派遣社員になってから正社員になる紹介予定派遣の求人が充実しています。

もちろん、派遣社員を目指す方も利用できます。

既卒者が使っている全ての求人サイトを見る方は、以下の記事を確認してください。

既卒、フリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒から就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る