大卒2年目Machikoさん、教育(学習塾)教室運営内定報告

  1. Machiko
  2. 大卒2年目
  3. 教育(学習塾)
  4. 教室運営
  5. 2社(2社とも人材コーディネートの企業にお世話になりました)
  6. 面接2回(の予定だった)
  7. フリーターをしていた理由と目的を明らかにしていた。新卒のときのように気負わないようにした。むしろ有りのままの自分を見てもらおうと面接に挑んだ。
  8. フリーター時代のことを度々聞かれたこと。企業研究、情報収集が困難。だからこそ、人材コーディネーターを積極的に利用しました
  9. アルバイト。ひたすらアルバイト。教育業界の経験もあったので、それが評価されたかもしれません。
  10. 一人で活動するのは心細いもの、特に自信がなかった私は、志望業界が決まっていたので思い切って人材サービスを利用しました。教育業界に関しては、求人広告より、この手の人材サービスのほうが求人量も情報量も多かったです。
  11. 「フリーター」がいかにフリーではないか。わかっていながらもフリータ ーを続けていた私に、「それなりに安定した収入」「それなりに安定した地位」「それなりに安定した将来」を目指す勇気を頂きました。本当にありがとうござ います。

既卒者に人気の求人情報サイトランキング

第1位
リクナビNEXT
既卒者やフリーターといった立場から就職活動をはじめる場合に、ほとんどの方が利用している求人情報サイトです。

求人の量も質も充実している人気サイトです。
第2位
JAIC(ジェイック)
就職活動を何から始めたらいいのか分からない人に、就職活動の仕方を教えてくれたり、優良企業の紹介をしてくれる人材紹介会社。

女性向けの「女子カレッジ」もあります。
第3位
リクナビ派遣
正社員を目指した就職活動をするのではなく、派遣社員になってから正社員になる紹介予定派遣の求人が充実しています。

もちろん、派遣社員を目指す方も利用できます。

既卒者が使っている全ての求人サイトを見る方は、以下の記事を確認してください。

既卒、フリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒から就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る