既卒になっても、なんとなくアルバイトや派遣社員になってはいけない

既卒になっても、なんとなくアルバイトや派遣社員になってはいけないのアイキャッチ画像大学を卒業して既卒という立場になると、正社員を目指して就職活動をするのではなく、楽に働けそうだからとアルバイトや派遣社員に、なんとなくなってしまう人がいます。

もしあなたが既卒になってから、人との接触がなく、いきなり正社員として働くことに不安があるということなら「ニートから就職活動をはじめる前に行うべき事とは?」で説明したように、社会生活に慣れるという意味でもまずアルバイトなどをするのは良いと思います。

しかし、就職活動をすることに問題がないにも関わらず、アルバイトなどをしてしまうと後々の就職活動に支障が出てきてしまう可能性があります。

なんとなくアルバイトや派遣社員になってしまうと就職活動にどういった影響を及ぼすのか解説していきます。

30歳前後まで就職活動をしない可能性が出てくる

アルバイトや派遣社員になんとなくなろうと思った理由はどういったことでしょうか?

  • 「楽に働けそうだから」
  • 「とりあえずの生活費を稼げる」
  • 「就職活動をすることや正社員になることへの不安をごまかすことができる」

こういった理由で、アルバイトや派遣社員になろうと思っている人が多いのではないでしょうか。

たしかに、アルバイトなどは、面接も1回だけなど正社員よりも簡単に働くことができますし、仕事も楽なことが多いです。

また、給料は少ないながらも、それなりに働いていれば月10万近くは稼ぐことができるので、当面の金銭的な問題を防ぐことができます。

しかし、こういった形で生活が一旦安定してしまうと、そこから中々抜け出せないという状況になりかねないのです。

既卒者が正社員を目指した就職活動をしなければならないと思う理由には、

  • 「大学の友人が就職したから」
  • 「将来が不安」

などがあると思うのですが、そういった就職活動をしなければならない理由がアルバイトなどをしてしまうと消えてしまうのです。

アルバイトをしていれば、上記したように金銭的な問題もごまかせますし、周りには同じようにアルバイトをしている学生やフリーターの人がいるので、孤独を感じたり、就職活動をしなければならないという焦りも消えます。

こういった状態はいつまで続くのかというと、学生アルバイトが正社員就職した場合などに焦りを感じることはあるかもしれませんが、最悪30歳くらいまで就職活動をしなければという焦りが生まれない可能性もあります。

このように、下手にアルバイトや派遣社員をしてしまうと、正社員を目指した就職活動をしなければという理由や動機が奪われてしまうために、次に就職活動をする機会を得るまでにかなりの時間が経ってしまう可能性があります。

経歴が複雑になってしまう可能性がある

一旦、アルバイトや派遣社員になったとしても、いずれ正社員を目指した就職活動をする日がやってきます。

その時に、アルバイトや派遣社員をしてきた人の経歴が低評価の原因になってしまう可能性があります。

大学を卒業したばかりの既卒者の経歴は

  • ~年~月~大学卒業

といったように非常にシンプルで綺麗な状況です。

しかし、アルバイトや派遣社員をしていると短期間で辞めたり、空白期間ができてしまうことも多いので、経歴が複雑になってしまう可能性があります。

  • ~月~日~大学卒業
  • ~月~日~株式会社にアルバイトとして入社
  • ~月~日~株式会社を一身上の都合で退社
  • ~月~日~株式会社に派遣社員として入社
  • ~月~日~株式会社を契約期間満了で退社

アルバイト経験や派遣社員経験を評価する企業も増えてきていますが、やはり新卒者をもっともよい人材であると考える日本ではあまりよい印象を与えません。

また、こういった経歴を隠そうと思って履歴書に記入しなければ、大きな空白期間ができてしまうので、それも不自然なことになり面接で必ず確認されるはずです。

就職活動をするのが遅くなればなるほど経歴はどんどん複雑になっていく可能性があるので、正社員に就職したいと考えている人はなるべく早く正社員を目指した就職活動を行った方がよいです。

まとめ

就職活動に限らず、本来すべきことを簡単にできることでごまかしていると、後々苦労することが多いです。

今は正社員を目指した就職活動に取り組むべき時だと思って、他の選択肢は考えないようにしたいです。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る