既卒者は、就職活動について色々な人に相談しよう

既卒者は、就職活動について色々な人に相談しようのアイキャッチ画像既卒者は、就職活動を一人で行っていることが多いです。

しかし、様々な人に相談することで、就職活動を進めやすくなります

ここでは、既卒者が、就職活動について相談できる相手や、相談することのメリットについて紹介していこうと思います。

誰に就職活動についての相談をする?

既卒者は、一体誰に就職活動の相談をすればよいのでしょうか?

以下に、新卒の人が就職活動中に相談している相手は誰なのか、についての調査結果があるので、まずはこちらを見てください。

就職活動の際に誰に相談しているかの調査結果。友人や親に相談している人が多い。

調査結果によると相談相手で、最も多いのは友人とあります。

そのあとには家族が続いているので、身近な人に相談している人が多いことがわかります。

こういった身近な人に相談した場合でも、友人がすでに就職している人であれば就職活動について有力な情報をもらえるかもしれませんし、家族であれば、いつでも相談できるので悩みを早く解消できるはずです。

既卒者も、まずは身近な人に相談してみましょう。

しかし、こういった身近な人には、就職活動の専門的な内容について相談することは難しいです。

新卒者であれば、学校のキャリアセンターで相談できるのですが、既卒者は利用するのに気がひけるかもしれません。

しかし、

既卒者は卒業した大学の就職課を利用できるのか?のアイキャッチ画像既卒者は卒業した大学の就職課を利用できるのか?

でも記載したように、今は既卒者を支援する大学も増えているので一度利用してみるとよいでしょう。

ハローワークでも若者の相談に力を入れているので、学校を利用するのに気がひける人はこちらを利用してみるとよいでしょう。

ハローワークの利用方法のアイキャッチ画像ハローワークの利用方法

どちらであっても、経験豊富な担当者が在籍しているはずですから、友人や家族とは違った専門的な内容でも答えてもらえるはずです。

就職活動について相談するメリットとは?

相談するメリットとして、就職活動に関する悩みが解消されるということがまず考えられるでしょう。

また、就職活動をしていることを知った人は、就職活動に必要な情報を提供してくれたり、求人の紹介をしてくれる可能性もあるので、一人では得ることができなかった情報を得られるというメリットもあります。

しかし、既卒者が相談をする最大のメリットは、様々な人に相談することで就職活動を継続することができるということかもしれません。

既卒者の就職活動は、新卒者のように「卒業するまで」といった期限がないので、ダラダラ就職活動を行ってしまったり、途中でやめてしまったりするケースがよくあります

しかし、人に相談することで、就職活動をしていることが自分以外の人にも知られることになるので、就職を早く決めなければという責任感が生まれることになります。

また、途中で就職活動をやめてしまうのは恥ずかしいという思いも生まれてくるでしょう。

こういった環境に置かれることをめんどくさいと感じてしまうかもしれませんが、就職活動を継続するのに大きな効果があり、内定を得られる可能性を大幅に上げることになるのは間違いありません。

悩みが解消し、情報が得られ、就職活動を継続することができる、こういったメリットを得られる方法は他にはないので、相談をすることは大事なことなのです。

相談する際の注意

家族や友人であれば相談する際に気がねすることはないのですが、それ以外の人に相談する場合には、何を聞きたいのかはっきりさせてから相談するようにしたいです。

相談したにも関わらず何も得るものがなかったとなりかねないですし、相談される側もそれほど時間に余裕があるわけではないでしょうから、その点は気に留めておかなければならないでしょう。

また、就職が決まった際には、相談した人にお礼を言いにいきましょう

礼儀の一つとしても重要なのですが、相談された側は「あの人は就職できたのだろうか」と気にかけてくれていることも多いからです。

お礼を伝えておけば、相手も安心してくれることでしょう。

まとめ

新卒者でも人に相談する人としない人では、内定率に大きな違いがあります

既卒者は、就職活動に関する情報を得るのが難しかったり、孤独になりがちなので、なおさら人に相談することが重要です。

既卒者は、就職活動について相談できる人を見つけることが必須、と考えておくとよいでしょう。

既卒者に人気の求人情報サイトランキング

第1位
リクナビNEXT
既卒者やフリーターといった立場から就職活動をはじめる場合に、ほとんどの方が利用している求人情報サイトです。

求人の量も質も充実している人気サイトです。
第2位
JAIC(ジェイック)
就職活動を何から始めたらいいのか分からない人に、就職活動の仕方を教えてくれたり、優良企業の紹介をしてくれる人材紹介会社。

女性向けの「女子カレッジ」もあります。
第3位
リクナビ派遣
正社員を目指した就職活動をするのではなく、派遣社員になってから正社員になる紹介予定派遣の求人が充実しています。

もちろん、派遣社員を目指す方も利用できます。

既卒者が使っている全ての求人サイトを見る方は、以下の記事を確認してください。

既卒、フリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒から就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る