既卒、フリーターの面接対策

既卒、フリーターの面接対策のアイキャッチ画像就職活動の中で最も重要なのが面接です。

面接のでき次第で採用、不採用が決まるといっても過言ではないので、しっかり対策をしておく必要があります。

ここで、面接について解説していくので参考にしてみてください。

面接では第一印象が重要!

面接対策を行う場合、面接官の質問に、どのように答えるかばかりを考えている人が多いです。

しかし、実は答える内容よりも見た目や態度、話し方など第一印象の方が重要だといわれます。

第一印象がよいと、その後に話す内容もよく聞こえるそうです。

ですので、第一印象をよくすることが、面接での評価を上げるためにとても大事だと思って対策しておく必要があります。

では、第一印象を良くするにはどうすれば良いのでしょうか?

基本ではあるのですが非常に重要なのが、挨拶をしっかりするということです。

皆さんの中には「おとなしい性格だから」「恥ずかしい」ということで、挨拶をしっかりできない人が意外と多いのではないでしょうか。

しかし、やるべきことは何も難しいことはなく、しっかり挨拶をするようにするだけでいいのですから、ぜひ今日から取り入れていきましょう。

「普段の自分と違う事をしても意味がないのでは」と思う人もいるかもしれないのですが、普段の自分では面接でうまくいかないなら、そこを訂正していく姿勢が大切です。

社会に出ると、社会でうまくやっていくための動作を身に付けなければなりません。

内定を頂いてから研修でビジネスマナーを教わっている時に「それは、普段の私とは違うからできません」とは誰も言いませんよね。

それなら、面接の段階から、相手に印象のよいと思われる動作をすればよいのではないでしょうか。

ある意味はじめは演じるぐらいの気持ちでよいと思います。

はじめは演じているつもりであっても、何度も繰り返す内にそれらが習慣になり、自然のものになっていきます。

普段の自分はとりあえず横に置いておいて、印象の良い自分を演じることから始めましょう。

第一印象は特に重要なので、挨拶から椅子に座るまでを大切にしてください。

面接を受ける姿勢も見られている

面接が始まって話し始めると、いつの間にか椅子に座っている姿勢が横柄なものになっていることがあります。

姿勢が悪いと相手に悪い印象を与えるので、面接の間は座り方も常に意識しておく必要があります。

そして、何より大切なことは、相手の話を熱心に聞きそれに対して的確な答えを返すということです。

普段人と喋っている時でも、相手が自分の話を熱心に聞いてくれると好意的な印象を受けますよね。

それは、面接官も同じですので面接官の話すことは聞き逃さないようにしましょう。

そして、熱心に話を聞いていると、面接官が何を聞きたいと思っているのかをしっかり把握することができます。

そうすると、面接官の質問に的確に答えることができます。

面接官の質問をあまり熱心に聞いていなくて、聞き返したり、まったく関係のない回答をしては絶対に印象はよくないです。

グループ面接のような、面接を受ける側が数人の時には自分以外の面接を受けている人の話も熱心に聞くようにしたほうがいいです。

それらから派生した質問が自分にされる可能性もありますし、自分以外の面接を受けている人の話を熱心に聞いている姿勢は面接官にも好印象を与えるからです。

案外、自分以外の人が質問されている時にリラックスしていることは多くないでしょうか?

しかし、面接官は自分の目の前で見ているのですから、そういった姿勢もきっちりチェックしています。

ここは、忘れがちですので注意してください。

私が就職活動でグループ面接を受けた時には、他の人が喋っている時に常に相槌を打って聞いているという姿勢をアピールするようにしていました。

「そこまでするのか?」

と思われるかもしれませんが、これは結構良い印象を与えると思いますのでぜひ皆さんも取り入れてみてください。

面接でよく聞かれる3つの質問

面接の第一印象や姿勢が大事だとしても、質問に対する答えの内容が印象に残らないものでは、まったく意味がありません。

これ以降は、面接で質問される内容についてお話していきます。

面接では、3つの質問に的確に答えられるようになっていれば他の質問でも何とかやっていけるはずです。

この3つの質問は、就職活動の始め方でも書いたのですが、「長所・短所」と「なぜこの企業を選んだのか?」「なぜこの職種なのか?」という質問です。

この3つの質問は、確実に聞かれる質問であり、面接官が一番聞きたいことでもあるので、前もって準備しておく必要があります。

長所・短所についての質問

では、まず長所・短所なのですが、これは何度も面接を受けている人なら分かっているとは思いますが、絶対に真実をそのまま述べてはいけません

人間は不完全な生き物なのですから、短所なんていくらでもいえます。

しかし、それをそのままいってしまっては面接に通る事は絶対に無理ですよね。

短所は短所の中でも長所に近いものを選んでいうようにしましょう。

一つ例を上げると

「一つの事を始めると、集中しすぎて時間も忘れて続けている事があります。」

っといったものです。

これって、短所?と思われるくらい長所にもとらえられますよね。

面接で伝える短所はこれくらいでちょうどいいのだと思います。

簡単にさらっと面接官が流してくれるように答えるのがポイントです。

もう少し短所について答える際にプラスするなら、「これからは~していこうと思います」というように、短所を述べた後に改善していくことを述べるのもいいでしょう。

長所については、3つの質問の中でも自分をアピールする最大のポイントなので入念に準備しておくことが必要です。

でも、あれこれとたくさん長所をあげても面接官に「本当?」と思われてしまうので、長所を一つ取り上げて、そのことに関する具体的なエピソードを説明すればいいでしょう。

例えば、「途中で投げ出さない」という長所を上げ、部活を長く続けた事や、アルバイトを同じところで数年続けたといった事をエピソードとしてあげるといった感じです。

長所を端的に述べて、エピソードをできるだけ具体的に説明し、長所を証明するくらいの気持ちで答えればよいでしょう。

長所もあまり深く考えると、なかなか思いつかないのですが、「長所はなにか?」と考えて、一番パッと思いついたことでよいです。

後は、それを証明するエピソードさえあればよいのです。

しかし、パッと思いついたからといって、嘘をつくのだけはやめてください。

長所を述べている時にさらに深くつっこまれて、答えられなくなっては意味がないですからね。

長所も短所も本当のことを述べるのですが、真実をそのまま述べるのではなくて、あくまで印象に配慮した回答をするとよいでしょう。

「なぜこの企業なのか?」志望動機の質問

では、次に「なぜこの企業なのか?」」といった志望動機に関する質問について説明していきます。

この質問は、企業にどれぐらいの興味、関心、思い入れがあるのかを説明できればよいです。

この事を聞く理由は、「直ぐにやめたりはしないか」を確認するためです。

興味や、関心、思い入れがあればつらい事があっても続けていく可能性は高いですから、そこを詳しく説明していく必要があります。

「なぜこの企業なのか?」についての答えを考える際には、まず企業のパンフレットやホームページをできるだけチェックして企業の長所や短所を見つけると答えやすくなります。

就職活動を始めると、たくさんの企業の選考に参加するため企業研究を怠りがちになります。

しかし、それでは、よい志望動機を伝えられなくて評価を得るのが難しいです。

面倒であっても、きっちり企業研究をして、「なぜこの企業なのか?」について的確に答えられるようにした方が、早く内定を得られるはずです。

ですので、きっちり下準備をしておきましょう。

しかし、企業研究をして企業の長所や短所が分かったところで、「なぜこの企業なのか?」という質問に答えるのは難しいですよね。

企業に対する思い入れ、なんてほとんどの人がないですからね。(ある人はアピール材料になるので利用しない手はないです)

それなら、もうちょっと感情移入の弱い興味や関心について詳しく説明するようにすればいいのです。

その企業の採用選考に参加するということは、少なからず興味や関心があってのことですよね?

商品に興味があったり、社風が気にいったであったり、学生時代の研究と関連しているからであったりと、ちょっとしたことでも興味や関心を伝えるには申し分のないものです。

それらの事をさらに企業の長所と結び付けられれば、企業側はもちろん長所を褒められると嬉しいですし、さらにそれらに関心があるとなれば好印象に間違いないです。

逆に短所と結びつけて、改善策を打ち立てるという方法もあります。(短所をあげると機嫌を損ねる面接官もいるかもしれないので注意した方がいいかもしれませんが)

これらの組み合わせは数え切れないぐらいの数あります。

しかし、ここでもあまりたくさんのことを述べるのではなく、1つか2つを取り上げて、それについて詳しく話すようにすればいいでしょう。

「なぜこの職種なのか?」職種への志望度の質問

この質問も面接官の聞きたいことは「なぜこの企業なのか?」と同じように、職種に対する興味、関心、思い入れです。

職種を選ぶにしても何らかの理由があるのでしょうから、それらを素直に伝えればよいでしょう。

しかし、職種については、その職種を選んだ理由だけでなく、ある程度その職種に関しての知識を持っているかを聞かれるはずです。

「この職種ではどういった仕事をするのか?」
「この職種になるために今までどんな勉強をしてきたのか?」

などです。

これらの質問は、その職種に対する興味や関心だけでなく、その職種に関する知識を身につけているのか?(身につける努力をしていているのか?)ということを聞いているのです。

興味、関心から一歩進んで、その職種になるための努力(行動)をしているかが問われています。

企業側としても、ただ興味がありましたという人よりも、すでに勉強を始めている人の方をとりたいと思います。

もし、面接を何度受けても内定をもらえないと悩んでいる人がいるのであれば、この職種に関する知識を増やす努力をしてみてはいかがでしょうか?

時間は掛かるとは思いますが、効率の面でいえばはるかによいかもしれませんよ。

まとめ

面接はよく、商品を売り込むことに例えられます。

もし、皆さんが商品を売り込もうと思うとどうするでしょうか。

商品がよく見える写真を用意したり、商品知識を増やして詳しく説明したり、相手企業の状態を把握してこの商品を使えば役に立ちますよ、というようなことを話すのではないでしょうか。

しかし、自分を売り込む時になると、これらのことをできない人が多いです。

まず、自分をありのままさらけ出すという考え方はやめた方がいいでしょう。

しかし、いつわりの自分を作るのではなく、ありのままの自分を面接官の印象に配慮して修飾する、という考えで面接にのぞめばいいのではないでしょうか。

これらを意識して、3つの質問に対する答えを用意しておけば、他の質問がされても、それらの応用で答えられる場合が多いはずです。

最低この3つをきっちり、そして柔軟に答えられるようにしておくとよいでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る