ハンバーガーメニューの画像

時事問題って勉強が必要でしょうか?

最終更新日: 2017年9月19日

時事問題って勉強が必要でしょうか?のアイキャッチ画像

筆記試験では、時事問題が出題されることがあります。

しかし、時事問題は、TVやインターネットなどのニュースを見ていれば、特に勉強する必要はないと考えることもできます。

わざわざ勉強する必要はあるのでしょうか?

経済や政治に興味がわくよい機会でもあるので勉強してみよう

TVなどのニュースなどを毎日よく見ている人であれば、時事問題の勉強は、特に必要ないかもしれません。

しかし、TVなどのニュースはまったく見ない、新聞もまったく読まないという人ならば、時事問題の勉強をすることで、政治や経済に興味を持つよい機会になる可能性があるのぜひ勉強してみましょう

就職して社会人になれば、さまざまな人と話をすることになるのですが、世間話程度の会話以外に政治や経済、さまざまな時事問題が話題になることもよくあります。

新人であれば「そんな事があるのですか〜」「へ〜」と相づちを打っていればよいですが、いつまでもそんなことを続けていると、世間知らずな人と思われて、信頼度も下がってしまう可能性があります。

いずれは毎日、TVや新聞、インターネットなどでニュースをチェックするようになる可能性が高いので、その予行練習と思って勉強してみましょう。

重要語のキーワード解説本を片手に新聞を読もう

TVのニュースや新聞を見ていると、さまざまな難しい言葉が出てきて、意味が分からないまま聞き過ごしたり、読み飛ばしたりすることがあります。

そういったことを何度か繰り返していると、徐々に意味が分かるようになることもありますが、このような時事ニュースに出てくる重要語をまとめたキーワード集が市販されているので、その最新版を買って持っておくとよいでしょう。

有名どころでは、「日経キーワード」や「朝日キーワード」といった本があります。

これらの本の購入者には時事問題対策をしている就職活動生が多いのか、就職活動関連の本が置かれているコーナーでよく見られます。

一冊買っておけば長く使えますし、重要語ばかりが掲載されているので、何となく眺めているだけでもニュースを見る際に役立つ情報がどんどん頭に入ってくるので便利です。

近くの書店で一度チェックしてみるとよいです。

志望している業界の時事問題は必ずチェック

時事問題に出題されやすいのは、応募企業が属している業界に関するものです。

業界に関する情報は、最新のニュースだけでなく、少し古くても大きなニュースになったものに関しては知っておいたほうがよいでしょう。

古いニュースに関しては、インターネットを利用して、検索してみれば出てくることも多いので調べてみるとよいでしょう。

まとめ

時事問題の勉強をきっかけに新聞をしっかり読むようになると「フリーターの間から経済新聞は読んでおこう」で示したようなメリットもあります。

社会人になれば、仕事の技術や知識と同じように必須の知識と思って時事問題の勉強も取り組みましょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る