フリーターの筆記試験対策

最終更新日: 2018年4月4日

フリーターの筆記試験対策のアイキャッチ画像

就職活動をはじめて採用選考に参加すると、筆記試験が必ず行われます。

筆記試験では、どのような試験が行われて、試験結果は採用選考での評価にどのような影響を与えるのでしょうか。

ここで、筆記試験について詳しく見ていきましょう。

筆記試験の目的とは

筆記試験は、学力が高い人を選出するために行われていると思われがちですが、多くの場合、最低限の学力チェック適性検査によって「受験者を絞り込むことを目的」にしています。

高得点を必ず取らないといけないわけではなく、平均的な点数を取れていれば、筆記試験で不採用になることは少ないです。

最近は、筆記試験よりも面接重視の企業が多いので、できるだけ多くの人を1回は面接に参加させるようにしている企業が多いです。

しかし、大企業では数千人、中には数万人の応募がある場合もあり、それらの人全てを面接するのは不可能なので、筆記試験で一気に人数を絞り込みます。

逆に、中小企業など応募が少ない企業では、筆記試験は評価する材料の一つとして考えるケースが多く、ほとんどの人が面接に参加することができる場合が多いです。

筆記試験にはどのような種類があるのか?

筆記試験は、企業毎に独自の試験を設けているケースは少なく、多くの場合、テストを制作している企業が作ったものを採用しています。

ですので、さままな企業で類似の問題が出題されることが多いです。

筆記試験の内容は、学生時代に受けたテストと同じようなものもあれば、適性検査や一般常識、時事問題、小論文、専門知識、といった就職活動ならではの問題もあります。

もっとも一般的に利用されている筆記試験のテストは、「SPI3」です。

SPI3のテストは、言語と非言語、能力検査と性格検査からなっています。

言語は主に国語能力を試す試験で、語彙力や長文読解能力などが問われます。

非言語では、数学や理科の知識が問われます。

しかし、どちらも中学、高校の基礎的なレベルの問題ばかりですので、対策をしていれば答えられる内容です。

適性検査は、希望している職種との相性を見るためのものですので、あまり対策は必要ありませんが、一度でも経験していると慌てずに回答できます。

筆記試験対策はどれくらいの時間をかければよいのか?

筆記試験の対策は必ず行うべきですが、どれくらいの時間をかけて行えばよいのでしょうか。

大学や高校の受験をした時には、1年〜2年間をかけてかなりの時間勉強をした人も多いとは思いますが、就職活動ではそこまでする必要はありません。

しかし、例えばSPI3の対策をするのであれば、1冊は対策のための本を購入して、一通りやり終えておくとよいでしょう。

一通りやり終えるのに、早い人なら1ヶ月、長くても2ヶ月あればできるはずですので、それくらいの期間は対策にあてておきましょう。

企業がどのような筆記試験を利用しているのかを知るためには、同じ企業を受験した人に聞くのが一番確実ですが、フリーターの人の場合、就職活動を一緒に行っている人は少ないかもしれません。

そのような場合には、インターネット上の情報を参考にしたり、合同説明会に参加して参加者同士で情報交換することで、試験内容を知ることができる場合があります。

フリーターは、新卒者や第二新卒者と比べられて、面接では不利になる可能性があります。

ですので、筆記試験で高得点を取っておくと、面接での不利な部分をカバーすることができる可能性があるので、少し力を入れて対策をするのもよいでしょう。

まとめ

筆記試験は、あくまで基本的な知識を問うことと、職業への適正を検査するためにあります。

ですので、受験者は、筆記試験よりも面接対策を重視するとよいです。

しかし、上記したように高得点を取ると、面接を有利に進められる場合もあるので、戦略の一つとしてしっかり勉強を行うのもよいでしょう。

関連記事

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る