派遣社員や契約社員などの非正規社員になる理由って?

最終更新日: 2017年10月25日

派遣社員や契約社員などの非正規社員になる理由って?のアイキャッチ画像

フリーターから派遣社員になるのはよい選択か?」で正社員になることを薦めましたが、派遣社員や契約社員(まとめて非正規社員)になる人も増えています。

正社員になるのに比べて、不安定な生活になる可能性が高い非正規社員になる理由は何なのでしょうか?

自分の都合の良い時間に働きたい人が非正規社員になる

総務省が派遣社員や契約社員などの非正規社員になった人に、なぜ非正規社員になったのかについてアンケートを取った結果があるので見てみましょう。

非正規社員になる理由の第1位は「自分の都合の良い時間に働きたい」、2位は「家計の補助・学費などを得たいから」、3位は「正規の職員・従業員の仕事が無いから」

最も多い非正規社員になった理由には、「自分の都合の良い時間に働きたい」が上げられています。

このアンケートでは時間となっていますが、非正規社員の最大のメリットは働きたい時期に働くことができるということです。

ですので、「自分の都合の良い時間に働きたい」には自分の都合の良い時期に働ける、ということが含まれていると思います。

正社員になってしまうと残業や休日出勤がありますし、長期の休みを簡単に取ることはできません。

しかし、非正規社員は基本的に定時で帰宅できますし、残業があっても正社員ほどに長くなることはありません。

また、契約期間だけ働ければ良いので、それ以外の期間は遊んでいても、他の趣味や家事をしていても良いなど自由度が高いです。

非正規社員になる理由の一番が「自分の都合の良い時間に働きたい」であるのは、納得できます。

主婦が家計を助けるために非正規社員になっている

非正規社員になる理由の第2位は、「家計の補助、学費などを得たいから」が上げられています。

夫の収入が高くて、家計で困ることが無いという場合なら良いのですが、子供がいると学費などがかさみ家計が苦しくなりがちです。

そういった収入を補うために、主婦が非正規社員になっているというケースが非常に多いです。

主婦の場合、時間に余裕が無く、毎日8時間働くといった事が難しいので、短時間のアルバイトをしたり、日雇いの派遣に出ている人が多いです。

特に日雇い派遣は、登録さえしていれば次々に仕事の情報が入ってきて、空いている日の仕事を数日前に予約しておけば働く事が出来るので非常に便利に利用しているようです。

必ずしも技術がいるような仕事ばかりではなくイベント受付や調査代行などであればで、特に資格や技術を持っていない人でも働く事が出来、時給もアルバイトなどに比べて倍近くになる事も多いので人気があります。

ちなみに、日雇い派遣が派遣法の改正で禁止になったと認識している人もいるかもしれませんが、主婦で世帯年収が500万を超えていたり、職種によっては日雇い派遣を利用する事が出来ます。

当サイト訪問者はまだ若い人が多いとは思いますが、主婦になった際には日雇い派遣も検討してみるとよいでしょう。

正規の職員・従業員の仕事が見つからない人も非正規社員になっている

非正規社員になる理由の第3位は「正規の職員・従業員の仕事が無いから」です。

2位までは非正規社員を便利に利用している人だったのですが、3位の理由は仕方が無く非正規社員に甘んじている人達です。

景気回復の中で求人数が増えているのですが、正社員の求人数だけに限ると求職者1人に対してまだ0.67社程(2014年6月)しかありません。

そこからこぼれ落ちた人がとりあえずの収入確保の為に非正規社員になっているという状況があります。

第3位に上がる程ですので、非正規社員になる理由の割合としては非常に多いともいえるでしょう。

もし、皆さんが正規社員になる事が難しく非正規社員になる事を考えているのであれば、将来就く仕事のための技術や資格が身につく仕事であること

そして、将来的に正社員の道が開かれている非正規社員の仕事を探すなど、正社員になれる可能性を高め、なってからもしっかり仕事ができるようにしておきたいです。

まとめ

当サイト訪問者にはやはり正社員を目指してほしいと思いますが、上手く非正規社員を利用している人の例は参考になったのではないでしょうか。

将来的にもう少し自由度の高い仕事がしたいという場合などには、非正規社員も検討しみるとよいでしょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る