フリーターからの就職活動には、紹介予定派遣も活用してみよう

最終更新日: 2018年4月4日

フリーターからの就職活動には紹介予定派遣も活用してみようのアイキャッチ画像

「紹介予定派遣」という、派遣社員から正社員を目指す方法を知っているでしょうか。

まだ新しい就職活動方法なのですが、今現在利用者がどんどん増えています。

フリーターの人でも活用できるので、一度検討してみるとよいでしょう。

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣がどのような仕組みになっているのかを知るには、派遣の仕組みについて知っておかないと、よく分からないので、派遣社員について少し説明します。

派遣社員は、「派遣会社」に雇われて、「派遣先の会社」に働きに出る雇用形態のことです。

給料や福利厚生は「派遣会社」で決められたものが適用されて、仕事の指示は「派遣先の会社」から受けることになります。

派遣社員は、3ヶ月や6ヶ月というような雇用期間が決まっていて、期間満了すると再契約するのか、そこで契約を終えるのかを選択します。

派遣先の会社は、派遣会社が次々に紹介してくれるので、自分で就職活動をするより仕事を見つけるのが楽というメリットがあります。

派遣社員について詳しく知りたい方は、以下の記事を見てください。

フリーターから派遣社員になるのはよい選択か?のアイキャッチ画像フリーターから派遣社員になるのはよい選択か?

紹介予定派遣は、この派遣システムを使って正社員を目指す方法です。

紹介予定派遣では、派遣会社に登録後、6ヶ月間までの期間(最も多いのは3ヶ月)を派遣先で働き、その期間の仕事ぶりや適性などを見られて、本人と企業が合意すれば派遣先に正社員として採用されることになります

試用期間後に、正社員採用するのかを決めるシステムだと思ってもらうと分かりやすいはずです。

紹介予定派遣を利用すれば、フリーターからでも正社員就職しやすくなるのか?

フリーターからの就職活動の場合、まずは正社員を目指した通常の就職活動を行うほうがよいです。

年齢の若い人が多いので、紹介予定派遣を利用しなくても、そのまま就職活動を行って内定をもらえる可能性が高いからです。

しかし、どうしても採用されない場合には、紹介予定派遣を使って就職活動に取り組むとよいでしょう。

通常の採用選考では、面接などに時間をかけることができないので、採用担当者は、応募者の表面的な経歴や能力しか見れず、フリーターの経歴がある人は不利になりやすいです。

しかし、紹介予定派遣を利用すれば、仕事に取り組む姿勢や、やる気、仕事を通して成長していけるといった、面接では伝えることが難しい部分に関しても派遣期間に見てもらえるので、採用される可能性を高めることができます。

紹介予定派遣では、派遣先で働く前に面接が行われるのですが、その後に試用期間があるので、面接で落とされる可能性は正社員採用の面接に比べてかなり低いです。

ただし、紹介予定派遣期間の仕事ぶりがよくないと採用されない可能性はあるので、しっかり働いて評価を上げるように努力が必要です。

紹介予定派遣期間には給料が払われますが、もし、正社員採用されなかった場合は、また正社員を目指した就職活動を行わなければならないで注意が必要です。

また、紹介予定派遣後には、正社員になるケースと契約社員になるケースがあるので、どちらになるのか事前に確認しておくようにしましょう。

紹介予定派遣の正社員になれた実績はどれくらい?

紹介予定派遣の正社員になれた実績はどうなっているのか?のアイキャッチ画像

紹介予定派遣から正社員になれる人はどれくらいの割合なのか、気になる人も多いでしょう。

紹介予定派遣の実績は、派遣社員から直接雇用になれた人が60~70%程度で、直接雇用になった人の中で、正社員になれた人と契約社員になれた人は半数ずつくらいです。

正社員になるか、契約社員になるのかは、事前の面接で確認できるので、正社員になれる可能性は高いといえるのではないでしょうか。

企業側は、正社員として働いてもらうことを期待して派遣期間を設けているので、派遣期間に特に問題がなければ正社員として採用するからです。

派遣期間だけ働かせて、その後は正社員採用を断ることを心配する人もいるかもしれませんが、そのような場合は、通常の派遣社員を採用すればよいので通常は起こりえません。

ですので、紹介予定派遣は正社員を目指す方法としてかなり優れたシステムといわれています。

紹介予定派遣のポイント

紹介予定派遣は、企業だけでなく、利用者の満足度も高いです。

紹介予定派遣期間は、応募者が職場をチェックできる期間でもあるので、本人が納得して正社員になれるからです。

フリーターからの就職活動には紹介予定派遣も活用してみよう

今回の記事では、正社員を目指した就職活動をしてから紹介予定派遣を利用すればよいと書きましたが、職場や仕事内容を知ってから正社員として働きたい場合には、はじめから紹介予定派遣を利用するとよいでしょう。

紹介予定派遣を利用する予定がない人も、ぜひ紹介予定派遣という便利なシステムがあるということは覚えておいてください。

紹介予定派遣の求人は、リクルートが運営する「リクルートスタッフィング」にたくさん掲載されているので、一度チェックしてみてください。

関連記事

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る