ハンバーガーメニューの画像

アルバイトの面接とは違う、正社員面接でチェックされているポイント

最終更新日: 2017年9月19日

アルバイトの面接とは違う、正社員面接でチェックされているポイントのアイキャッチ画像正社員の面接では、アルバイトと同じようにラフな姿で気軽に話をしていれば採用されるという訳ではありません。

面接官がチェックしているポイントはどういった所にあるのでしょうか?

服装や身だしなみ

アルバイトの面接では、ジーンズにTシャツで面接会場に行ったという人もいると思います。

アルバイトの面接では慣習として、服装には特にこだわらないという事があるようで、気にする必要はありませんでした。

しかし、正社員の面接では、基本的にスーツで参加する事になります。

スーツは近くのスーツ販売店に行けばリクルート用に適切なものを選んで貰えるはずですので、店でアドバイスを貰うと良いでしょう。

しかし、スーツを購入後にも様々な配慮が必要になります。

スーツにしわが無いか、汚れていないか、髪型に不潔感はないか、化粧が濃すぎることはないかといった事です。

はじめは気を遣っていても、何度も面接に参加する内におろそかになってしまうので注意が必要です。

外見が面接の評価にも大きく関係しているという統計データがあるくらいですので、見た目には十分配慮するようにしたいです。

面接では、服装や身だしなみで特徴を出すような事はせずに、清潔感があり、感じの良い服装をしていると良いです。

志望度の高さ

採用担当者としては、やはり志望度の高い就職活動生に就職して欲しいと思っています。

ですので、面接の質問でも志望度の高さを確認する事が良くあります

求人サイトで見つけたから応募したという人もいると思いますが、「たまたま求人サイトで見つけたので応募しました」といっているようでは絶対に採用される事は無いでしょう。

求人サイトで見つけたといったような場合でも、企業についてよく研究し、自己分析で分かった性格と結び付けるなどして、なぜその企業、その職種に応募したのかを説明出来るようにしておきたいです。

コミュニケーション能力

仕事では、どういった職種であっても複数の人間がコミュニケーションを図りながら行う事が多いです。

コミュニケーションを円滑に行えると、それだけで最低限の仕事が出来るという証でもあるので、面接でもコミュニケーション能力がチェックされています。

コミュニケーション能力を計る際には、相手の話をきっちり聞く事が出来ているか、聞かれた質問に対して論理的に回答が出来ているか、相手に伝わる表現が出来ているか、和やかな雰囲気で会話できるかといった事で評価されます。

聞かれたことや、仕事に関しての話をしていればよいという事では決してなく、円滑にコミュニケーションできる雰囲気を作れるという事も重要になってきます。

履歴書に表記していない重要な事や間違い、嘘はないか

面接では、事前に提出した履歴書の内容に関して質問されることが多いです。

履歴書の中でも、気になる部分やさらに深く知りたい部分に関して、質問がなされることになります。

面接官には何百人も何千人も面接をしてきた人もいるので、ごまかそうと思う部分は暴かれると考えておきたいです。

フリーターの場合は、何もしていなかった空白期間などがある場合、履歴書では表記していなくても見抜かれて聞かれる可能性があるので回答の準備はしておきましょう。

もし、嘘などがばれると採用は難しくなるので、履歴書にはなるべく正直に経歴を書いておくようにしたいです。

まとめ

アルバイトの面接では、落ちたことが無いという人も正社員面接では勝手が違って中々採用されないという事もありえます。

上記した点が重要になってくるので、ぜひ前もって準備して欲しいですが、一人では難しいという場合にはハローワークなどで行われている模擬面接を受けてみるとのも良いでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る