ハンバーガーメニューの画像

面接の前日に準備しておきたいこと

最終更新日: 2018年7月23日

面接の前日に準備しておきたいことのアイキャッチ画像何も考えずに面接に臨んでも採用される可能性はあります。

しかし、事前の準備次第で採否の結果が大きく変わってくることはよくあります。

ここでは、面接前日に準備しておくべきことについて解説していきます。

前日に持ち物は揃えておく

当日になって持ち物の準備を行っても大丈夫と考えてしまう人はいますが、就職活動をはじめたのなら、面接など時間に遅れることができない時には前日に準備をする癖をつけておきたいです。

これは、就職活動に限った話ではなく、仕事を始めてからでも取引先や顧客との面談などの際には前日までに準備することが重要ですので、慣れておくようにしたいです。

面接の際に必要な持ち物には、以下のようなものがあります。

  • 書類(エントリーシート、履歴書、職務経歴書)
  • ハンカチ、ティッシュ
  • 地図
  • 手帳
  • スマホ(充電器)

エントリーシートや履歴書は、WEBで入力したり、郵送している場合もあるかもしれませんが、当日持参の場合は前日までにしっかり記入して、ファイルや透明フィルムにいれて折り曲がらないようにしてから鞄に入れておきましょう

履歴書などを郵送していた場合は、コピーを持参しておけば、記入内容を電車やバスの中で確認できます。

ハンカチやティッシュは、これまでの生活で必要ないと思っていた人もいるかもしれませんが、社会人になるとスーツで手をふくわけにもいきませんし、手を振って水をはじくのもマナーがよくないので、必ず持つようにしたいです。

地図に関しては、スマホで十分と思うかもしれませんが、スマホが故障したりすると、どうしようもなくなってしまうので、紙の地図は持っていくようにしたいです。

スマホに関しては、今では就職活動に欠かせない存在になってきているので、外出中でも充電できるようにモバイル充電器を持参するなどして、いつでも使えるようにしておくとよいでしょう。

中には、就職活動本を持っていきたいと考える人もいるかもしれません、荷物が重くなるとそれだけ疲れることになりますし、前日までに就職活動準備は済ませておくべきことですので、家においておくほうがよいです。

スーツや靴の再チェック

つい先日も就職活動に参加したので、その時に着たスーツを着ておけばいいと思っている人もいるかもしれません。

しかし、当日着ようと思ったら、スーツはよれよれ、ワイシャツも替えがない、靴も色あせてきている、といったことに気づくかもしれません。

当日に気づいたところで、どうしようもないので、前日までに着ていくスーツや靴については状態を再チェックしておくようにしたいです。

よれやしわがあるような場合でも、アイロンをかければ綺麗になりますし、それ以外に専用のスプレーをしておけば、引っ張るだけで簡単にしわを伸ばすことができます。

靴に関しては、汚れがあるようなら、ブラシで汚れを落として、クリーナーやクリームを塗って拭いておくと、艶が出て綺麗になります。

服や靴の手入れは当日にできることでは決してないので、前日までにしっかり確認して、手入れをしておきましょう。

道順のチェック

面接会場までの道順も前日にしっかりチェックしておくことが必要です。

電車やバスの時間なども事前に調べておいて、目的地に30分前には到着しておくようにしましょう。

面接会場に向かう際に、駅から面接会場までの道順が複雑で迷う人が結構多いです。

都心部の場合は、駅の周りがビルで囲まれていたり、細い路地がたくさんあったり、地下通路が複雑になっていたりして、迷いやすいのです。

こういった場所にはじめていく際には、どれだけ事前に調べていても迷ってしまう可能性があるので、通常出発する時間よりもかなり早く家を出ておいたほうがよいでしょう。

もし、迷ってしまったら自分で地図などを調べるよりも、近くにあるコンビニやキオスクの店員、駅員などに聞いた方が、早く目的までの道順を知ることができるので覚えておきましょう。

想定回答を考えておく

面接会場で質問をされてから回答を考えている人もいますが、あらかじめ想定回答は考えておいた方がよいです。

フリーターがよく質問される質問内容については、

フリーターが面接で必ず聞かれる4つの質問と回答例フリーターが面接で必ず聞かれる4つの質問と回答例

で紹介しているので参考にしてみてください。

想定回答を考える際には、あまり細かいところまで話す内容を決めないことが大事です。

その場の雰囲気に合わせて話すことも大事ですので、事前にあまりにも細かく話すことを決めてしまい、ロボットのように話してしまっては印象もよくありません。

ある程度フワッとした回答を考えておき、面接会場や面接官の雰囲気に合わせて、臨機応変に回答できるようにしておくとよいでしょう。

企業情報について再チェックしておこう

フリーターの人が質問されるであろう以外にも様々な質問がされます。

その中には、仕事内容や企業に関しての質問がされることがあります。

応募者の志望度の高さを確認するために、企業についてどれくらい知っているのか、仕事内容をしっかり把握しているのかが確認されるようです。

最近ではあまり意味がないので少なくなりましたが、「社長の名前をフルネームで答えてください」というような質問をする企業までありました。

こういった質問に答えようと思った場合、ある程度企業について調べておく必要があります。

同じ職業でも、企業によって仕事内容が違うことがあり、他の企業で答えた内容と同じ回答をしていると、まったく当てはまらない回答になっていたということもあります。

企業情報や仕事内容については、企業のホームページをチェックするなどして、あらかじめ知識を入れておくようにしましょう。

まとめ

面接の前日には準備すべきことが結構たくさんあります。

これだけの事を面接当日に行うことはほぼ不可能です。

前日に、しっかり確認、準備を行っておきましょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る