フリーターの集団面接対策

最終更新日: 2017年5月22日

フリーターの集団面接対策のアイキャッチ画像面接には、個人面接の他に集団面接も行われます。

集団面接ではどういった点に気をつければ良いのかについて解説していきます。

集団面接の目的とは?

集団面接では、個人面接とは異なり、質問への回答をする人が複数人になります。

面接官側からは、複数人を同時に比べる事が出来るので、受験者の優劣をはっきりつける事が出来、いっきに受験者の人数を絞り込むことが出来ます。

応募書類を見て、同じような学歴、資格を持っている人を集めて、集団面接を行う事が多いです。

最終的に合格者は面接を受けた中で一人という様に人数が決められている訳では無く、優秀な人がいれば全員が合格になる事もありますし、逆に全員が不合格となる事もありえます。

フリーターの人が集団面接で注意すべき点

フリーターの人が集団面接に出くわした際には、同じように実務経験が未経験の人や新卒者、経験の浅い第二新卒者と一緒に面接を行うケースが多いはずです。

新卒者や第二新卒者が一緒だと、少し劣等感を感じることがあるかもしれません。

しかし、誰もが合格する可能性があるので面接に呼ばれているのですから、それ程他の人の経歴を気にする必要はないでしょう。

集団面接では、質問への回答が重要なのは個人面接と変わりません。

しかし、他の人と違う事を話そうと思って考えすぎないようにしたいです。

回答の際には、個人面接と同じように質問された内容に対して自分の言葉で、自分の答えようと思っていたことを伝えるようにしましょう。

また、集団面接では、他の人が話しているときの態度や聞き方、礼儀も見られている事が多いので、注意しておきましょう。

他の人が答えた内容について、質問がされる事もあるので、聞いているふりをするだけでなく、きっちり内容も理解しておく必要があります。

目立つ人が合格するのか?

集団面接では、目立つ事が大事と思ってしまいがちですが、目立つためにあれこれ話しすぎたり、内容がまとまっていなくて何を伝えたいのか分からない様では意味がありません。

上記した様に、集団で面接を受けるので他の受験者への配慮は必要ですが、基本は個人面接と同じように誠実に質問への答えをしっかり伝えるようにするという態度で臨めば良いでしょう。

もし、先に答えた人が自分が答えようと思っていた内容と同じ事を話したとしても、目立つために内容を変えるような事はせずに、準備していた内容を「内容がかぶってしまいますが・・・」と前置きするなどして話すと良いでしょう。

まとめ

集団面接では、面接を競争のように考えてしまいがちですが、そういった考えは非常に危険だと言えるかもしれません。

合格基準があって、それを満たしていれば皆が合格するのだという考えで臨めば、余裕を持って回答することが出来るのではないでしょうか。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る