ハンバーガーメニューの画像

就職活動の面接ではアピール力と聞く力どちらが大事?

最終更新日: 2017年9月19日

appealing-ability-vs-listening-skills.jpg就職活動では、アピール力が重要とよくいわれます。

しかし、一般的な人間関係においては主張することよりも聞く方が大事だといわれます。

面接ではどちらが重要なのでしょうか?

面接はアピールの場、アピール力がやっぱり大事

友人との人間関係や営業でのトークでは、アピール力よりも聞く力が重要だとよく言われます。

主張が強くて自分の話ばかりをしている人は避けられてしまいがちだからです。

しかし、面接では面接官からの質問へ答えるという形式で進み、自らを採用する事で企業にとってメリットが多いという事を伝えなければなりません

聞く姿勢でいても謙虚で良い人とは中々評価されない事が多く、逆に言いたいことが言えない人なのかもしれないと思われてしまいかねません。

求められていることがアピールをする事である時には、しっかりアピールできる事が大事なのです。

面接で聞く力が求められる場面とは?

面接ではアピールする事が求められることが多いですが、時に聞く力が求められることがあります。

質問への回答をするというような形式でスムーズに面接が進めばアピールだけしていれば良いのですが、社長や上役の人が面接をする場合、その人たちの主張が延々と続くようなケースが良くあります

その様な人が面接をするのは最終面接など重要な面接が多いのですが、ここで主張することが大事だと話を遮ってアピールしては評価が下がってしまう可能性があります。

こういった立場の人は、大勢の人の前で1人で長く話す経験が多く、面接でもその癖が出てしまう事があるのです。

そういった場面に出くわしたなら、ここは聞く力が求められているのだと考え、よく話を聞いておくようにしたいです。

長い話の後に、それらの話について質問されるような事もあるのでボーッと聞いてはいられないので注意しましょう。

実は私が学生時代に参加した面接においても、最終面接で社長が延々と10分近く話をするというケースがありました。

その面接では質問は1つ位しかされなかったと思います。

しかし、その間じっと話を聞いていたら、特に問題もなく最終面接を突破して内定を貰う事が出来ました。

こういったケースは他社でもありうる事ですし、仕事をはじめてからも経験することですので、忍耐強く聞く姿勢を持てるようにしましょう。

まとめ

社会生活や仕事ではTPO(Time,Place,Occasion)と言われる時と場所、場合に応じた対応が求められることが多いです。

面接ではアピールする事が求められていると通常時には考えておいてよいですが、場合によっては柔軟な対応が必要になることもあるので覚悟しておきましょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る