ハンバーガーメニューの画像

TwitterやFacebookなどのSNSは、フリーターからの就職活動に役立つのか?

最終更新日: 2017年9月19日

TwitterやFacebookなどのSNSは、フリーターからの就職活動に役立つのか?のアイキャッチ画像

TwitterやFacebookなどの、「SNS」と呼ばれるインターネット上のサービスを利用して就職活動を行うことが注目されています。

SNSを使えば、さまざまな人とつながってコミュニケーションを行えるのですが、就職活動に役立てることはできるのでしょうか。

ここでは、SNSを就職活動で利用する際の、「注意事項」や「上手に利用する方法」について解説します。

実名でSNSを使う場合は、発信する情報に注意が必要

TwitterやFacebookなどのSNSサービスは匿名でも利用できるので、SNS上で発信されている企業情報をチェックするのが目的であれば匿名のまま利用してもよいでしょう。

しかし、志望企業の社員や採用担当者とSNSを介して交流したい場合は、実名を使う必要があります。

実名を使う場合は、SNS上で発信されている全ての情報が本人と結びつけられるので、取り組んでいるさまざまな活動や、特技などをSNSで発信すれば、就職活動のアピールとして利用できます。

しかし、発信した情報の責任は本人にかかってくるので、発信する情報には注意が必要です。

以前からSNSを利用していて、友人との交流などに使っていたアカウントをそのまま就職活動で使うと、過去に発信した悪ふざけをしている情報を見られて、採用選考に入る前から評価が低くくなる可能性もあります。

SNS上で発信した情報は本人が削除しても、どこかにその情報が残っている場合があるので、SNSを使う際には常に公共の場であるという自覚を持って利用するようにしましょう。

SNSをフリーターの就職活動で利用する方法

フリーターの人の就職活動に限ったSNSの上手な活用方法としては、OBやOG訪問をする際に、SNSを使っている志望企業に勤めている人に問い合わせることが考えられるでしょう。

OB、OG訪問とは、卒業した学校の先輩が志望している企業に勤めている場合に、直接会って、仕事内容や社風などについて詳しく聞くことです。

就職活動ではよく行われていることで、志望企業についてより詳しく知ることができたり、場合によっては採用選考の内容を教えてもらえたりOBやOGの人の評価が採用担当者に伝わって採用されやすくなる場合もあります。

OB、OG訪問は、卒業した学校の就職課から情報をもらって行うことが多いのですが、フリーターの人は少し難しいので、SNSを介して連絡を取ってみるとよいでしょう。

また、卒業生に限ると志望企業に勤めている人を見つけるのが難しい場合もあるので、卒業生以外でも志望企業に勤めている人で情報発信をしている人がいれば、連絡をとってみるとよい情報を得られる場合もあります。

OB、OG訪問以外では、志望企業の採用担当者とSNSを使って交流を行うのもよいでしょう。

就職活動に関する質問などがあるのなら、SNSを介して質問すると、詳しく教えてくれるはずです。

また、SNSに記載している自分のプロフィールなどを採用担当者に見てもらえる可能性が高いので、採用選考に入る前から評価が高くなったり、親しみを持ってもらえる可能性があります。

フリーターをしていた人は、新卒者に比べて就職活動で不利になる場合があるので、採用選考前に社員や採用担当者とコネクションを取って、好印象を持ってもらえるように努力するのもよいでしょう。

まとめ

TwitterやFacebookなどのSNSは、上手に利用すれば就職活動によい影響を与えますが、利用の仕方次第では悪い影響をおよぼす可能性もあります。

上記したように、発信した情報は全て本人と関連づけられるので、利用には細心の注意をしましょう。

しかし、危険があるからといって、便利なSNSを利用しないのはもったいないです。

フリーターからの就職活動時にさまざまなメリットをもたらす可能性があるので、利用方法に注意しながら上手に活用してみるとよいでしょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る