就職活動がうまくいかない場合はどうすればよい?

最終更新日: 2017年5月22日

就職活動がうまくいかない場合はどうすればよい?のアイキャッチ画像

就職活動をはじめても、すぐに採用される人もいれば、なかなか採用されない人もいます。

不採用が続いた人は、就職活動へのやる気がなくなってきてしまうのですが、どのように打破すればよいでしょうか。

ここでは、就職活動がうまくいかない人向けに対策方法を紹介していきます。

十分な回数の採用選考に参加しているか?

就職活動がうまくいかないと言う人の話を聞くと、2回か3回採用選考に参加したけれど採用されなかったという人が結構たくさんいます。

確かに、1社目の採用選考で採用されるような人もいますが、なかなか、すぐに採用されるわけではありません。

採用選考を学校の入学試験と同じように考えて、第一志望の企業に落ちたりした場合に就職活動がうまくいかないと考えてしまいがちです。

しかし、学校とは違い、世の中に企業は何万社とありますし、採用選考は何社でも受けることができるので、1社か2社落ちたとしても、落ち込んでいても時間がもったいないです。

第一志望と考えていた企業に不採用になっても、それらのグループ会社、同じ業界の競合会社、取引会社など関係する企業はたくさんあるので、そういった企業の採用選考にも参加すればかなりの数になります。

企業の採用選考では、数十社の採用選考に参加するのが当たり前と考え、次々に受験していくことがもっとも重要と考えるとよいでしょう。

採用選考に参加するたびに、よくできた点と改善すべき点を記録する

何も対策をしなくても内定をもらえる人はいますが、不採用続きの場合は、その原因を取り除かないと採用されるのは難しいです。

そこで、今からでも結構ですので、採用選考に参加するたびに、「よかった点」と「うまくいかなかった点で今後改善すること」についてメモをするようにしてみてください。

採用選考に参加し不合格を言い渡されても、「駄目だった」という感想だけしか持たず、「何がいけなかったのか」「何が良かったのか」ということについて考える人はほとんどいません。

また、頭だけで「今後はこうしよう」と考えていても、次の採用選考では気をつけても、その次になると忘れてまた同じ失敗をしているという人が多いです。

そういったことを防ぐためにも、メモを残しておけば、何がよくて、何が悪かったのかといったことが記録として残るので、何度でも見返して、対策をすることができます

同じようなミスをしているということにも気づけるので、そういった点に関しても重点的に対策を行うことができます。

メモを残す → 改善する → メモを残す → 改善する

というサイクルを回すことで、徐々に悪い部分を減らして、よい部分をアピールできるようになります。

最後はプロに相談しよう

十分な数の採用選考に参加して、改善すべきことのメモを残していても、採用されない人もいるかもしれません。

どれだけ対策をしたと思っても、自分だけでは気づけない部分があり、マイナス評価をされている可能性があります。

そういった場合は、プロに、どこに問題があるのか客観的に分析してもらうとよいでしょう。

まずは、親や友人に面接官をしてもらい、いつも通りに面接を行ってみて何がいけないのかを聞いてみるとよいです。

それだけでは難しい場合は、人材紹介会社を利用して、面接対策を受けてみるとよいでしょう。

こういったサービスでは、キャリアアドバイザーなど、それまでに何人もの就職活動生を見てきた人が担当してくれるので、的確なアドバイスがもらえます

フリーター専門で就職支援サービスを行っている人材紹介会社を利用すれば、フリーターの人がマイナス評価をもらいがちな点についてもアドバイスをもらえます。

以下の記事で、フリーター専門の就職支援サービスを提供している人材紹介会社を紹介しているので、こういったサービスを利用してみるとよいでしょう。

フリーターが使っている求人情報サイトのアイキャッチ画像フリーターが使っている求人情報サイト

まとめ

ここまでの内容をまとめると、

  • 「数をこなすこと」
  • 「採用選考に参加するたびに改善していくこと」
  • 「客観的に分析してもらいアドバイスをもらうこと」

が就職活動がうまくいかない人には大事になります。

おそらく、これだけ対策をすれば内定を勝ち取ることができるはずです。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る