フリーターからOB、OG訪問する方法とは?

最終更新日: 2017年9月19日

フリーターからOB、OG訪問する方法とは?のアイキャッチ画像

「OB、OG」とは、old boy、old girlの略称で、主に卒業校の先輩のことを指して使われています。

就職活動でよく使われる言葉ですが、OBやOGを訪問することで、先輩の就職先についての情報を教えてもらったり、仕事の仕方や働くことについてアドバイスをもらったりできます。

フリーターの人も出身校でOB、OGの情報を得られる可能性がありますが、OB、OG訪問の仕方を知らない人も多いと思うので、ここでOB、OGの訪問の仕方を紹介します。

OB、OGを紹介してもらう方法

出身校の就職課を訪ねて、OB、OGを紹介してもらう

フリーターの方で、すでに学校を卒業してから何年も経っている場合、出身校を訪問することに躊躇する人もいるかもしれません。

しかし、学校側は卒業生と合うことを楽しみにしていることも多いので、多くの場合歓迎してくれるはずです。

学校では卒業生の就職先を把握して、名簿を作って保存しているケースが多いので、OB、OGの紹介をしてもらえる可能性が高いです。

卒業校の就職課を訪問したら、卒業生であることを名乗り、就職活動をしていることを伝え、OB、OG訪問をしたいということを伝えるとよいでしょう。

希望の就職先に就職した先輩がいない場合もあるかもしれませんが、同じ業界の会社に入社した先輩を訪問することで、希望の就職先の情報も教えてもらえる可能性があるので、さまざまなOB、OGの情報をチェックするとよいでしょう。

先輩や友人、親からOB,OGを紹介してもらう

OB、OGの紹介は、就職課に頼る以外にも方法があります。

部活やサークルの先輩の紹介や友人の紹介、の紹介などでもOBやOGを訪問することは可能です。

OB、OG訪問は卒業校の先輩を訪ねるケースが多いですが、卒業校以外の先輩であっても、知り合いなどから「仕事の内容について話を聞きたい人がいる」などと紹介してもらえれば話を聞ける可能性があります。

ただし、このような方法で紹介してもらった場合は、OBやOGに失礼なことをすると紹介者のメンツをつぶすことになるので細心の注意が必要です。

くれぐれも待ち合わせ場所に遅刻して着くことがないようにしましょう。

企業に直接、OBやOGを紹介してくれないか聞いてみる

ここまで紹介した方法ではOBやOGを見つけることが難しい場合は、直接企業に問い合わせて、「OB、OGの方にお会いしてお話を伺いたい」と伝えてもよいでしょう。

企業は、仕事内容や社風などについてよく知ってから採用選考に参加してほしいという思いもあるので、紹介してくれる可能性があります。

また、OB、OG訪問が難しい場合でも、採用担当者が直接質問に答えてくれる可能性もあります

訪問日や会う場所を決めて、OB,OG訪問をする

卒業校の就職課などからOB、OGを紹介してもらったら、訪問日や会う場所などを先輩と連絡を取って決める必要があります。

連絡には、電話やメールを使いますが、その際にはビジネスマナーにも気をつけなければいけません。

先輩は仕事で忙しくて時間に余裕がない可能性もあるので、会う日には、できるだけ時間をかけないことが大事です。

ですので、訪問予定日前に、聞きたい質問などは考えておいて、メモなどに箇条書きにしておくと、当日スムーズに情報を得ることができるでしょう。

話を終えた後は、OB、OGの方に感謝を伝えて、就職課や紹介してくれた人にも感謝を伝えるようにしましょう。

まとめ

OB、OG訪問は就職活動で必ずしなければならないことではないですが、実際に企業で働いている社員からは、外からは得られない情報をたくさん聞くことができます。

採用後に「こんな企業(仕事)とは思っていなかった」と後悔する人もいるので、OB、OG訪問をすることで、このような事態になることは避けることができるはずです。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る