フリーターも合同説明会に参加する事はできるの?

最終更新日: 2017年9月19日

フリーターも合同説明会に参加する事はできるの?のアイキャッチ画像大学生が就職活動をはじめたばかりの時によく参加するのが合同説明会です。

大規模な合同説明会の場合、100社以上の企業が集まっている事も多く、1日や2日の開催期間にいくつもの企業を回る事が出来るので非常に便利です。

説明会では企業の説明を聞くだけで無く、他の就職活動生から活動状況や企業の選考方法についての情報を聞けたり、ビジネスマナーの講習などが行われている事もあります。

一人で活動していると中々情報が集まってこない事も多いので、このような場所に参加するのには大きな意味があります。

しかし、合同説明会は新卒者を対象としたものが多いので、フリーターの人は参加する事が出来るのでしょうか?

フリーターでも合同説明会には参加できます

フリーターの人は学校を卒業してから少し時間がたっているので、新卒者があつまる合同説明会に参加するのに躊躇してしまうかもしれませんが、積極的に参加したいです。

企業側も、新卒者をターゲットにしているのは間違いないのですが、フリーターの人の場合、年齢が若い事や未経験者であることから新卒者として扱ってくれる可能性があります。

また、最近の合同説明会には学校を卒業して就職活動をしている既卒者を対象としたものも増えてきています。

そういった事から、フリーターであっても参加にためらう事はありません。

合同説明会の情報はハローワークか就職課で得よう

合同説明会の開催場所や期間の情報は、ハローワークや就職課で得る事が出来ます。

どちらであっても受付で説明会が行われていないか尋ねてみれば、今行われているものの案内を受ける事が出来るはずです

ただし、合同説明会の開催期間は1日のものや長くても2日程度ですので、見逃さないようにしたいです。

卒業した就職課に行くのにためらう人もいますが、「フリーターは卒業校の就職課を利用できるのか?」で取り上げたように、今は卒業生を支援する学校も多いので積極的に利用していきましょう。

まとめ

求人情報サイトだけを利用して就職活動をしていると、求人サイト内の目立つ位置に掲載されている求人に応募してしまい倍率が非常に高いという事が多くなります。

こういった多くの企業をいっきに見ることが出来る合同説明会に参加すれば、求人サイトでは見つけられなかった優良企業を見つけることが出来る可能性があります。

参加した際には、目立つ位置にあるブースだけでなく、全体をくまなく回ってみることをおすすめします。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第2位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る