求人が出ていない企業には応募できないのか?

最終更新日: 2017年9月19日

求人が出ていない企業には応募できないのか?のアイキャッチ画像

フリーターをしている人は家の近くでバイトをしている人が多いので、正社員として就職する場合も、家から近い職場に勤めたいと考える人が多いです。

しかし、近くに都心部がある場合はよいですが、地方などの企業が少ない場所に住んでいる場合、求人サイトを見てもなかなか求人が見つからないことが多いです。

こういった場合でも、求人は出していないが働いてみたい企業が近くにあるという人もいるでしょう。

このような求人を出していない企業に、直接問い合わせて採用されるケースはあるのでしょうか。

公募していない企業でも採用される可能性はある

企業の人事担当者は、人数が少ないにも関わらず、採用以外の仕事(人材育成など)もしなければいけないので忙しく、人手が足りず求人を出したいと思っても公募していないことがよくあります

また、大手の求人サイトに求人を掲載するには、高額の掲載料が取られるので、予算に余裕がある時にしか掲載できないという事情もあります。

予算に問題がある場合は、ハローワークなど無料の求人掲載先に求人を出している可能性があるので、まずはハローワークをチェックすべきでしょう。

しかし、どこにも掲載されていない状況でしたら、思い切って企業に直接問い合わせてみましょう。

企業も魅力的な人であれば欲しいと思っているので、はじめからあきめずチャレンジすれば、採用される可能性があります。

問い合わせには手紙を使う

採用選考を行ってくれるか問い合わせる場合は、手紙を使うとよいでしょう。

電話でも悪くないですが、かならずしも採用決定権のある人が電話に出るとは限りませんし、関係のない人が出た場合「求人は出していません」と一蹴されるケースがあります。

しかし、手紙を人事担当者宛として送れば、人事担当者に届く可能性は高いですし、文章で熱意を伝えることができるので採用選考を行ってもらえる可能性を高められます

手紙では、採用選考を行ってもらえるように熱意を伝えることと、返答を連絡してもらえるように、

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所

などを忘れずに記入しておきましょう。

会社案内のパンフレットを送ってもらえる可能性もあるので、その旨も手紙の中でたずねておくとよいでしょう。

まとめ

最近では求人サイトを利用するのが一般的な就職活動のやり方になりましたが、少し年代をさかのぼると、企業に直接問い合わせるのが一般的に行われていた時代もありました。

ですので、決してためらう必要はないので、可能性のある企業にはどんどんチャレンジしていきましょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る