ハンバーガーメニューの画像

フリーターが応募できる「未経験可」の求人とは?

最終更新日: 2017年9月19日

フリーターが応募できる未経験可の求人とは?のアイキャッチ画像

「未経験可」という表記がされた求人を、転職サイトではよく見かけると思います。

未経験可という表記がある求人全てに、フリーターの人が応募できるわけではないので注意が必要です。

未経験可の求人にも種類がある

未経験可と書かれた求人には、いくつか種類があり、誰でも応募できる求人もあれば、正社員として勤めた前職が必要な求人もあります。

誰でも応募できる未経験可の求人は、応募条件が何もない求人です。

また、高卒、大卒という「学歴」だけが応募条件の求人も多くの人が応募できます

このような求人であれば、フリーターの人でも応募できるはずですから、積極的に応募していきましょう。

一方、未経験可と書かれていても、「業界未経験可」という前職とは違う業界に転職する人用の求人もあります

このようなた求人は、職歴があったり、ビジネスマナーやビジネスの基本的な知識を持っていることを前提として募集されているので、フリーターの人は、応募するのは難しくなります。

しかし、営業職の募集などでは、接客業や販売業のアルバイト経験を評価してくれる場合などもあり、必ず業界未経験可の求人に応募できないわけではありません。

また、技術職で仕事経験が必要と応募条件には書かれていても、大学や専門学校などで必要技術の基礎知識を身につけていると応募できる可能性が高いです。

ですので、もし応募したい求人があるのでしたら、前もって電話やメールで企業に確認してから応募するとよいでしょう。

「歓迎条件」は満たさなくても良いのか?

応募条件には、「〜の技術を身につけている方歓迎」というような「歓迎条件」の表記がある場合があります。

「歓迎条件」は、この技術を身につけていれば、採用選考時の評価が高くなるということですので、満たしていなくても応募はできます

しかし、わざわざ歓迎として書いているということは、書かれている歓迎条件を満たしていればかなり採用選考で優遇されるはずです。

学生時代やフリーター時代に身につけた技術や経験が、歓迎条件にあるような求人でしたら採用される可能性は高いといえるでしょう。

まとめ

未経験可の求人に限った話ではないのですが、応募条件を満たしていなくてもすぐに諦めるのはもったいないです。

その会社や職種で働きたいという思いがあるのでしたら、多少条件が合わなくても、熱意を持って採用担当者に選考をしてもらえるようにお願いしてみるとよいでしょう。

企業は、応募条件に合う人だけでなく、熱意を持って働きたいと思っている人を採用したいという思いもあるので、特別に選考をしてもらえる可能性があります。

何事もはじめから諦めずに、積極的にチャレンジしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る