ハンバーガーメニューの画像

求人情報の応募条件を満たしていないと採用されない?

最終更新日: 2017年9月19日

求人情報の応募条件を満たしていないと採用されない?のアイキャッチ画像

求人情報には、さまざまな応募条件が記載されていることが多いです。

これらの応募条件は、全てを満たしていないと採用されることはないのでしょうか。

ここでは、「応募条件の種類」と「採用される可能性」などについて解説していきます。

応募条件には「必須条件」と「歓迎条件」がある

求人情報の応募条件は、「必須条件」と「歓迎条件」に分けることができます。

必須条件は、それらを満たしていないと採用されない条件で、歓迎条件は、満たしていると採用される可能性が高くなる条件です。

歓迎条件は、満たしていなくても採用される可能性は十分あります

特に未経験者を対象とした求人情報には、必須条件の記載はなくて、歓迎条件が記載されていることが多いです。

企業は、よい人材であれば技術や資格がなくても採用したいのが本音ですし、求人情報に必須条件を設けると応募者が減るので、できるだけ多くの人が応募できるように必須条件を減らして歓迎条件を多くする傾向があります。

先ほども書いたように、企業はよい人材であれば採用したいのが本音なので、もし、応募条件を満たしていなくても、志望度が高い企業であれば思い切って応募してみるとチャンスを与えてもらえる可能性があります。

歓迎条件に書かれた技術や資格は入社後に必要になる

歓迎条件に書かれている、技術や資格、経験などについては、就職活動時点で満たしている必要はないですが、就職後は、それらの条件を満たせるように努力が求められることが多いです。

歓迎されているということは、それらの資格や経験があると仕事で役に立つからなので、就職後は、それらの資格を取得したり経験を積んでほしいと企業は考えるからです。

もし、内定を得られたなら、入社する前からでも歓迎条件に上げられていたことについて、勉強をはじめておくとよいでしょう。

まとめ

応募条件を満たしていることが理想ですが、満たしていなくても採用されるケースはたくさんあります

応募条件を満たしていなくても応募したい企業があるのであれば、応募する前に電話やメールで確認するのもよいでしょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る