フリーターのアルバイト経験は、正社員を目指した就職活動で評価される?

最終更新日: 2017年6月7日

フリーターのアルバイト経験は、正社員を目指した就職活動で評価される?のアイキャッチ画像

フリーターの人が就職活動をはじめた場合、学生時代の活動やフリーター時代の仕事内容などをアピールすることになります。

しかし、アルバイトの経験は仕事内容が簡単なものが多く、思っているほど評価につながらないということは知っておくべきでしょう。

アルバイト経験は評価されにくい

アルバイトの仕事には、正社員などにさせると時間がもったいない簡単な仕事が多いです。

正社員の給料は、時給換算すると、アルバイトとは比べものにならないくらい高いので、簡単な仕事はアルバイトにしてもらい、正社員は高度な付加価値の高い仕事に集中できるようにしているのです。

このように、正社員の仕事とアルバイトの仕事では、仕事の質的に違うことが多いので、アルバイト経験が就職後に役に立たないケースが多く、採用選考でもあまり評価されない傾向にあります。

実際に、企業にフリーターの経験を評価するかアンケートを取った結果があるので見てみましょう。

正社員募集時のフリーター経験への評価。マイナス評価、18%。ほとんど影響しない(orプラス評価)、66%。不詳、16%。
出典:平成25年若年者雇用調査

上の図では、フリーター経験を、マイナス評価する企業が18%で、ほとんど影響しない(orプラス評価)企業が66%という結果になっています。

ほとんど影響しない(orプラス評価)企業が66%あるのなら、「少しはフリーター経験が評価されるのかな」と思ってしまいます。

しかし、調査結果では、あまりにもプラス評価をする企業が少なかったために、「ほとんど影響しない」と合わせて表示がされています。

ですので、66%企業の多くは、フリーター経験が評価に影響しないと回答しています。

このような結果からも分かるように、面接などでフリーター時代のアルバイト経験についてアピールをしても、それほど評価にはつながらないと考えておくとよいでしょう。

アルバイトの仕事内容が、希望している職業に関連する場合は、評価につながる場合がある

ここまで見てきたように、アルバイト経験は、なかなか正社員の採用選考では評価されません。

しかし、アルバイトの仕事内容が正社員として働く職業に関連する場合は、仕事の基本が分かっているだろうということからアルバイト経験が評価される場合があります。

営業職を希望しているフリーターの場合なら、

アルバイトで、接客や販売などをしてきました

と面接でアピールすることによって、マナーやコミュニケーション能力が身についていると評価されることがあります。

最近の接客業のアルバイトは、マナーや接客態度にかなり厳しいところが増えていることから、それらをこなしてきたというだけでも評価されることが増えてきています。

このように、希望している正社員の仕事とアルバイト経験が関係している場合は、アピール材料として利用するとよいでしょう。

アルバイト歴と、アルバイトの仕事の難易度が重要

アルバイト経験をアピールする場合、

  • どれぐらいの期間、アルバイトを続けてきたか

ということも重要になります。

アルバイトをいくつも転々としてきたような人の場合、「一つの職場で長く働けないのではないか」と思われることがあるからです。

また、ただ長い間務めただけではなく、

  • 年月とともにアルバイトの仕事内容が高度なものを任せられているかどうか

も重要になります。

アルバイトとはいえ、長く働いていれば、仕事内容が難しいものを任せられたり、新人アルバイトの指導やまとめ役を任せられることもあります。

そのようなことから、3年以上同じ職場で働いて、年月とともに任せられる仕事の幅が広がっているなら評価されることが多いです。

まとめ

ここまで、「アルバイト経験は評価されない」など厳しい現実について見てきました。

しかし、フリータが応募できる、未経験者歓迎などの求人に応募する人は、同じようにフリーターをしていた人や、仕事経験が浅い人が多いです。

ですので、同じようにフリーターをしてきた人と自分が比べられた場合に、自分のほうが就職後に活躍できることをアピールできれば内定をもらえる可能性が高くなります

アルバイト経験以外でもアピールできることがあれば、さらによい評価を得られるので、仕事に関係する資格や技術を持っているのであれば必ずアピールしておきましょう。

フリーターが採用選考でチェックされていることについては、以下の記事で解説しているので、参考にして何をアピールすればよいか確認してみてください。

フリーターが採用選考でチェックされていることとは?フリーターが採用選考でチェックされていることとは?

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る