フリーターをしながら夢を追えるのは何歳までか?

最終更新日: 2017年9月19日

フリーターをしながら夢を追えるのは何歳までか?のアイキャッチ画像

フリーターをしながら、音楽やスポーツ、芸能の世界を夢見て努力をしている人は結構たくさんいます。

正社員になると、夢に向けた努力をする時間を確保するのが難しくなるので、収入は少なくても比較的時間を自由に使えるアルバイトのほうが、夢を目指す人には最適な働き方であるようです。

しかし、この人たちも夢を諦めれば就職活動をすることになります。

何歳を限度に、夢は諦めるべきなのでしょうか?

一般的に言われているのは30歳まで

音楽やスポーツ、芸能といった分野で活躍しようと思うと、「若さ」が非常に重要になるので、30歳までを限度としている人は多いです。

10代後半か20代前半から夢を目指して活動をし、10年を目処に夢を諦めて現実的な職に就職していくようです。

就職活動においても、30歳を超えているのかいないのかが、非常に大きなポイントになっており、超えていると就職活動で不利になることもあります

まだまだ日本では、年功序列の制度が残っているため、30歳から正社員になる人を扱いにくいと考えられていたり、20代の人のほうが指導がしやすいと思われているのです。

30歳前後の人には、即戦力であったり、なんらかの専門的なスキルを持っていることが当然と考える企業もあります。

もしあなたが20代前半であれば、まだまだ夢に向けてチャレンジをしても問題ないといえるでしょう。

しかし、20代後半に入ってきたのでしたら、どこまで続けるのか期限を設けて努力するほうがよいかもしれません。

30代以降の遅咲きの人もいる

夢をどこまで追うのか判断するのが難しいのは、30歳を超えてから夢を実現する人も少なからずいるからです。

このような遅咲きの人は、苦労している分、長く活躍する人も中にはいます。

周りの人が年齢を理由に諦めていく中、残って努力し続けている人は、いずれ認められ、努力家であることから活躍も長く続くということなのかもしれません。

しかし、上記したように30代以降になると他の選択肢がどんどん狭まっていきます。

30代以降も夢を追い続けるということを決めたのでしたら、後々就職する必要が出てきた時に、20代で方向転換するよりも苦労する可能性があると覚悟しておきたいです。

その覚悟がよい刺激になり、夢に本気になれるかもしれません。

まとめ

新卒の時にも就職活動をする機会はあったものの、それらを蹴ってリスクを取り夢を追った人がほとんどだと思います。

こういった人に、何歳までに夢を諦めなさいと言える人はいないのかもしれません。

やはり、自分が納得した時、もうこれ以上は無理と思った時に、就職活動をはじめればいいのではないでしょうか。

ただ、正社員に就職すれば夢がなくなるということは決してなく、営業成績で1位になることや、役員になる、年収1,000万を超えるなど、努力しがいのある目標はたくさんあります。

大きな夢を持っている人から見ればサラリーマンは地味に見えるかもしれませんが、その中でも夢は見つけられるはずです。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る