就職活動で重要なコミュニケーション能力って何?

最終更新日: 2017年9月19日

就職活動で重要なコミュニケーション能力って何?のアイキャッチ画像就職活動で評価されるのがコミュニケーション能力であるという事を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、コミュニケーション能力というのはいまいちとらえどころがない事のように思います。

コミュニケーション能力とはどういった事なのか説明していきます。

なぜコミュニケーション能力が重要なのか?

コミュニケーション能力がなぜ採用担当者の間で重要だといわれるのでしょうか?

採用担当者は様々な基準をもって面接参加者を評価していくのですが、その評価の基準となるのが、採用担当者がこれまで見てきた従業員の中で優秀な人の特徴です。

企業であらかじめ評価基準を決めているようなケースでも、優秀な社員の特徴を割り出して基準を決めて、その基準を参考に採用選考を行うように面接官に指導している場合が多いです。(優秀な人の特徴を利用した採用方法をコンピテンシー採用とも言う)

企業の中で優秀な人というのはどういう人でしょうか?

職業にも様々あるように優秀な人の基準も様々なのですが、パッと優秀な人を想像したときにリーダー格の人が頭に浮かぶ人は多いのではないでしょうか。

就職経験が無い人であれば、部活のキャプテンやサークル活動でまとめ役になっていた様な人です。

こういった人は仕事をはじめてからも良い仕事をしたり、高い役職で仕事を任される事が多い傾向があります。

こうした人がリーダーシップを発揮出来る背景には、頭が良いとか、性格が良いとかいう部分以上にコミュニケーション能力が関係している事が多いのです。

多くの人を一定の方向性を持たせて活動させる為には、コミュニケーションは欠かせないからです。

確かに、リーダーシップがなくても、コミュニケーション能力が無くても、技術があって仕事が出来る人という人もいます。

また、普通の従業員も必要なので、それほどこれらの能力が高くなくても良いという場合もあります。

しかし、仕事というのは複数の人が関わって行うので、コミュニケーション能力が無いことには成り立たないのです。

最低限のコミュニケーション能力はリーダー格の人だけで無く、誰もが必要な事だと言えるで就職活動で重視されるのです。

コミュニケーション能力とは?

コミュニケーション能力とは、相手の言っていることをしっかり聞き取り、求められている事や必要な事を自分の言葉で伝える事が出来るという事です。

コミュニケーション能力を会話力と考えて、自分の話したい事を話していれば良いと考えてしまう人もいますが、それでは仕事は出来ないです。

会議や交渉、チームでの開発など複数人数の人が関わる仕事においては、自らの意図をきっちり伝える事も必要なのですが、相手の求めている事をしっかり理解し、それを踏まえて話を進めるという事が重要になってきます。

また、仕事の話だけをしていればそれで良いという事では無く、人間同士の活動にはユーモアやちょっとした小話なども必要になります。

そして、何よりも重要なのはコミュニケーションを通してしっかり目的を達成していくということです。

会議を何時間やっても、メールを何度しても、交渉を何度行っても何も決まらないというような事はよくあります。

しかし、仕事においてコミュニケーションを図る際は目的をもって行わなければならず、それを達成するように方向づけていかなければなりません。

こういった主導権を持ったコミュニケーションが出来るかどうかも重要な要素で、リーダーシップに関係する部分でもあります。

就職活動でコミュニケーション能力が必要な場面とは?

就職活動でコミュニケーション能力が必要な場面としては、面接や討論などが上げられるでしょう。

面接においては、「就職活動の面接ではアピール力と聞く力どちらが大事?」でも示したように、アピール力が非常に重要になってきます。

しかし、何をアピールするのか、しっかり面接官の質問の意図をくみ取ってから考えなければなりません。

アピールばかりを考えていて、面接官の聞きたい事とは違う事ばかり話していては評価は下がってしまうはずですので注意したいです。

就職活動では討論が行われ、その様子を面接官がチェックして評価する事もあります。

討論では話をまとめる役になるのか、アイデアを出す立場になるかで求められるコミュニケーション能力は変わってきます。

まとめ役になる場合は、他のメンバーの発言を整理しまとめる必要があるので、しっかり聞くという事が重要になってきます。

そして、結論を導くために討論を方向づけていく必要もあります。

かなり高度なコミュニケーション能力が必要とされますが、その分評価を得やすい担当でもあります。

それ以外の人たちはお題にそったアイデア出しが求められることになります。

アイデアを出す思考の部分が重要になってきますが、考えたことを論理的に伝える事が出来るかという部分も重要になってきます。

考えたことをそのまま話して、結局何を言いたいのか伝わらない人は多いです。

考えたことをある程度頭やメモなどにまとめて、伝わりやすくしてから話はじめる工夫をする事が求められます。

まとめ

コミュニケーション能力が重要という事が少しは分かって貰えたでしょうか?

学生時代を振り返っても、やはりコミュニケーション能力が重要で、それに長けていた人は優秀な人が多かったのではないでしょうか?

フリーターの人の場合なら、アルバイトを通してお客さんの求めている事をしっかり聞くと意識するだけでもコミュニケーション能力を高めることが出来るはずです。

コミュニケーション能力は学生時代だけに身につくものではなく、仕事をはじめてからも伸びていく部分ですので今からでも意識してみると良いでしょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る