ハンバーガーメニューの画像

求人に応募するのは早いほうが良いのか?

最終更新日: 2017年5月22日

求人に応募するのは早いほうが良いのか?のアイキャッチ画像

求人情報には、掲載期限や応募期限があります。

求人が掲載開始されて早々に応募する場合や、応募期限ギリギリに応募する場合など、応募する時期によって、採用される確率に影響はあるのでしょうか

応募期限ギリギリは、応募者が殺到してじっくり話を聞いてもらえない可能性がある

求人情報を掲載して、応募が最も多くなるのはいつだと思いますか。

掲載当初に応募するのではと思うかもしれませんが、実は多くの人が応募期限ギリギリに応募しています

応募するかどうか悩んでいる間に期限が近づいて、このままでは応募できなくなるとなってから、はじめて重い腰を上げる人が多いです。

そういったことから、応募期限日には応募が殺到する企業も多く、面接の日程が過密状態になる場合もあります。

面接時間はどういったタイミングで応募しても同じ時間が確保されているのですが、過密状態になっている場合は一日に何人もの人を面接しなければならなくなります。

採用担当者は、過密状態であってもきっちり評価しようと努力するはずですが、人間ですので忙しくなると評価が曖昧になる可能性があります。

早めに応募して、面接官にある程度余裕がある段階できっちり評価してもらえるほうが、やはりよいでしょう。

そのためにも、早く応募して、応募期限が来る前に一次面接の予約をいれておくのが理想です。

応募が遅いのは志望度が低い証拠

応募期限ギリギリに応募する人が多いのですが、なぜ悩んで応募が遅くなるのかというと、志望度がそれほど高くない企業であるからということが多いはずです。

応募する際に、「他の企業のほうがよい?」と考えたり、「魅力を感じない企業の面接を受けるは面倒」と考えてしまうことはないでしょうか。

よいと思うことには人間すぐに行動に移すのですが、それほど魅力を感じていないと行動が遅くなるということが一般的な傾向としてあります。

採用担当者も、応募が遅い人は、そのように考えていると判断して、早く応募してきた人とは評価を変えるケースもあります。

また、採用担当者としては応募があるのかないのか不安に思っていることもあるので、早く応募してくれた人に感謝したい気持ちになることもあります。

求人には、早めに応募して評価に悪影響を与えないようしたいです。

まとめ

求人に早く応募するためには、それまでに応募する準備ができている必要もあります。

よい企業を見つけても、まだスーツを買っておらず、面接の模擬練習もしていないといった状態では、みすみす機会を逃したり、応募が期限ギリギリになる可能性があります。

よい求人には早く応募できるように、いつでも面接に参加できるように準備しておくことが大事です。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る