フリーターが採用選考でチェックされていることとは?

最終更新日: 2017年6月7日

フリーターが採用選考でチェックされていることとは?のアイキャッチ画像採用選考では、採用担当者が適当に評価をして「合格」「不合格」を決めているわけではありません。

前もって、どういった人材を採用するのかを検討して、採用条件を決めて、それに合致する人を採用しています。

採用条件にはどういったものがあるのか、フリーターに特有の採用条件といったものはあるのか、見ていきましょう。

採用条件には、絶対条件と歓迎条件がある

求人情報では、採用条件が明示されていることが多いですが、採用条件には、

  • 必ず満たしている必要がある『絶対条件』
  • 満たしていれば評価が高くなる『歓迎条件』

の二つがあります。

絶対条件は、満たしていないと採用されるのは難しくなります

歓迎条件は、満たしていると評価が高くなり、採用される可能性が高くなります

絶対条件や歓迎条件に上げられることには、以下のようなものがあります。

  • 「技術・能力」
  • 「性格」
  • 「経験」
  • 「労働条件」

それぞれの採用条件について、これ以降で、詳しく見ていきましょう。

技術・能力

採用条件で問われる技術・能力は、学生時代やこれまでの仕事経験の中で身につけた技術力が問われます。

最近ではパソコンの技術力が採用条件として上げられることが多く、例えば事務職では、

  • 「Exel」
  • 「Word」
  • 「PowerPoint」

などが使えるかどうかが問われています。

また、取得資格についても採用条件として上げられることが多く、例えば、

  • 「簿記3級以上」
  • 「宅建資格取得者」
  • 「普通自動車免許保持者」

といった形で求人情報に記載されていることがあります。

海外の人と仕事をすることが増えるようになってからは、英語能力が高く評価されるようになっており、採用条件として上げる企業が増えてきています。

TOEICの点数が国内企業では600点、外資系企業で800点を超えていると評価されます。

技術・能力に関して、

絶対条件としては、業務に必要な最低限の資格や技術力が問われることが多いです。

歓迎条件としては即戦力として活躍できたり、エキスパートが身につけている技術を問われることが多いです。

性格

採用条件に上げられる性格は、

フリーターをしながら社会人基礎力を身につけようフリーターをしながら社会人基礎力を身につけよう

で取り上げたものが多いです。

経済産業省が公表している社会人基礎力では、企業から求められている基礎的な能力が上げられていて、性格面についての記載が多いので参考にしてみると良いでしょう。

特に、

  • 「主体性」
  • 「働きかけ力」
  • 「実行力」

といった性格が企業から求められています。

資格などとは違い、性格は、面接での回答でなんとでも答えられてしまうので、説得力がなくなり評価につながらないこともあります。

そういったことを避けるために、性格についてアピールする際には、これまでの経験や行動などエピソードを交えて説明するようにすれば、説得力をあげることができます

性格に関しては、

絶対条件には、業務に必要な最低限必要な性格があります。

歓迎条件には、リーダーシップ力や高いコミュニケーション能力などがあります。

経験

経験については、主に転職者が求められるケースが多いですが、フリーターなどアルバイトをしていた人には、アルバイト経験の中で、どれくらいのレベルの仕事をしていたのかを聞かれることがあります。

  • 「何年ぐらい働いていたのか」
  • 「正社員がするレベルの仕事に携わったことがあるのか」
  • 「研修やセミナー、講座への参加経験があるか」

などについてです。

経験については、

フリーターに絶対に必要な条件を設けることは少ないです。

歓迎条件としては、正社員レベルの仕事経験や他のアルバイトへの指導経験や指示経験があると高く評価される傾向にあります。

労働条件

労働条件では、それぞれの企業や職業の事情にあった働き方ができるかどうかが問われてきます。

  • 「残業が多くてもよいか?」
  • 「転勤、出向があってもよいか?」
  • 「通勤距離が長くてもよいか?」

といったことについてです。

労働条件の多くは絶対条件になっていることが多いです。

営業職なら転勤や出向に応じられなければ採用される可能性が低くなります。

技術職で残業が多いなら、残業ができないとなれば採用はほぼ無いと考えられます。

まとめ

フリーターは、仕事に関しては未経験ですので、性格面での条件が重視される傾向にあります。

また、労働条件に関しては誰もが絶対条件になっているので、ここを満たせない場合は採用されないので注意が必要です。

他の未経験者と差別化して採用される可能性を高めるには、フリーター期間の働きぶりをアピールしたり、資格を取得するというのもよいでしょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る