ハンバーガーメニューの画像

フリーターは転職求人サイトを利用できるのか?

最終更新日: 2018年7月6日

フリーターは転職求人サイトを利用できるのか?のアイキャッチ画像

フリーターが求人サイトを利用する場合、「新卒者用の求人サイト」を利用すればよいのか、「転職者用の求人サイト」を利用すればよいのか迷う人が多いです。

当サイトでは、転職求人サイトを利用することをおすすめしているのですが、ここでは、その理由について説明していきます。

新卒者用の求人サイトでは、フリーターが採用されるのは難しい

日本では、就職活動をしている人を、

  • 「新卒者」
  • 「転職者」

の二つでしか分類していないことが多いので、フリーターのような立場にある人は、どちらの求人サイトを使うべきかで迷ってしまいます。

フリーターの人も新卒者用の求人サイトを利用することは可能なのですが、新卒者と同じ正社員未経験者であるにも関わらず、学校をすでに卒業していることで評価が低くなる可能性があります。

企業は、新卒者を採用するために新卒者用の求人サイトを使って募集をかけているので、新卒者用の求人では、フリーターが採用されるのは難しいのです。

日本では新卒という立場が強力なブランドとしてなりたっていることから、新卒者を求めている企業は、新卒であることを絶対条件として採用活動を行います。

ですので、フリーターが新卒者用の求人に応募しても、書類審査の段階で不採用を言い渡されることが多くなってしまうのです。

フリーターは転職求人サイトを利用しよう

転職求人サイトは、利用対象者を転職者だけに限定しているように見えるのですが、新卒者以外の、「既卒者」「フリーター」など多くの人が利用しています。

フリーターは、アルバイトから正社員への転職者と考えることができるので、企業が転職求人サイトでフリーター向けの求人を出していることも多いです。

また、経験者を採用するために求人を出している企業でも、フリーターで正社員未経験の人を、研修をすれば仕事ができるだろうと採用してくれることもあります。

このようなことから、フリーターが使うべきなのは、転職求人サイトということになります。

フリーターの人が転職求人サイトに登録する方法

転職求人サイトの登録画面では、

  • 「氏名」
  • 「住所」
  • 「メールアドレス」

などの基本情報以外に、

  • 「職務経歴」

についての情報を求められることがあります。

転職求人サイトなので、職務経歴の欄には、正社員経験について記入しなければいけないのではと考えてしまうと思います。

しかし、「フリーターは職務経歴欄に何を記入すればよいのか」と問い合わせてみると、

アルバイト経験を記入してください

という回答をもらうことが多いので、フリーターをしていた人は、アルバイト経験について記入しておくとよいです。

これらの情報はあくまで求人サイトに登録されるだけで、応募先企業に渡されるわけではありません。(スカウトサービスを利用すると情報が企業に渡ることもあります。)

これらの情報を利用して求人サイトは、登録者の希望にあう求人をメールで紹介してくれます。

転職求人サイトの登録は、非常に簡単にできるので、ぜひ活用してみてください。

当サイトでも、フリーターの人が利用している転職求人情報サイトを紹介していますのでチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る