フリーターが卒業証明書を取得するための手続き

最終更新日: 2017年9月19日

フリーターが卒業証明書を取得するための手続きのアイキャッチ画像内定を貰い就職が決まったら、様々な書類を提出する必要があります。

卒業証明書も必要になる事が多いので、ここで取得手続き方法を紹介します。

卒業校に行って卒業証明書を発行するのが確実

卒業した大学や高校に再度訪問して書類発行の手続きを受付事務所で行うのが最も確実な方法でしょう。

卒業証明書の取得には、身分証明書と印鑑、数百円ほどの手数料があれば手続きをして、その場で書類を貰う事が出来ます。

在学生用に、卒業証明書の自動発行機のような機会を設置している学校もありますが、多くの場合、学生証が無いと利用出来ないことが多いので、窓口に行くのが確実です。

卒業証明書の他に、成績証明書も必要と企業から言われているのなら、同時に手続きをしておくと良いでしょう。

手数料や詳しい手続き方法については、卒業校のホームページに記載されている事が多いので確認しておきましょう。

郵送でも卒業証明書を取得出来る

学校に行く以外の卒業証明書を取得する方法に、卒業校のホームページから申請書をダウンロードとして印刷し、必要事項を記入して郵送する事も可能です。

しかし、記入事項や手数料などに間違いがあると発行して貰えず、何度も手紙のやりとりが必要になることもあります。

また、他の書類が必要な場合には、それ様の申請手続きを行わなければならず品雑になる可能性があります。

卒業証明書を提出するまで時間に余裕があるのなら、郵送する方法も良いですが、特に卒業校に行く事に問題がないのでしたら、学校にいって卒業証明書の発行手続きをすると良いでしょう。

まとめ

卒業証明書、成績証明ともに、ちゃんと卒業していれば何年経っても発行して貰えます。

証明書を持ち帰る際には、破れたり、折り曲げたりしないように、ファイルに挟んで持ち帰るようにすると良いです。

お世話になった先生に挨拶をしておこう

就職が決まらないまま卒業した生徒のことを先生やゼミの教授は気に掛けていることもあるので、証明書の発行と一緒に就職が決まったことを報告しておくと良いでしょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る