ハンバーガーメニューの画像

フリーターの人脈を利用した就職活動方法

最終更新日: 2017年9月19日

フリーターの人脈を利用した就職活動方法のアイキャッチ画像

フリーターを続けてきてアルバイト経験だけしかない人は、「人脈なんて持っていない」と思いがちですが、人脈はいろいろな場所で形成されていることが多いです。

そこで、ここでは、「フリーターの人脈」や「人脈を活用した就職活動方法」について解説していきます。

アルバイト先の常連さんは人脈になる

飲食業や小売業など店舗でアルバイトをしている場合、常連さんが毎日来て、顔見知りの人もたくさんいるのではないでしょうか。

このようなアルバイト先に来る常連さんは、アルバイトの人の働きぶりをよく見ているものです。

そのような人たちが、思わぬ企業を紹介してくれることがあります。

常連さんはアルバイトで頑張っている姿を見ていることから、企業を紹介したり、自分の働いている企業に招いたりすることがしやすいからです。

しかし、フリーターなどのアルバイトをしている人は、アルバイト先に雇われているので、なかなか「うちで働かないか」とは言いにくい状況にあります。

ですので、常連さんと話をする機会があった際に、就職活動をしていることを伝えておくと、相手も仕事の紹介がしやすくなります。

このようなことは、まれなことと思うかもしれませんが、人材の引き抜きは結構行われていることなので、よい話がやってくることも多いです。

正社員就職をした元アルバイト仲間に、求人はないか聞いてみる

今現在アルバイトをしている仲間に就職活動のことを聞いても参考になりませんが、既に正社員就職した元アルバイト仲間がいるのなら一度話をしてみるとよいでしょう。

その人もフリーターからの就職活動で苦労した可能性が高いので、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

また、その人が就職した企業で人材を求めている状況があるのなら紹介してくれる可能性がありますし、取引先企業に話を持ちかけてくれる可能性もあります。

このような場合も、元アルバイト仲間の人は、あなたの働きぶりをアルバイト時代に見ているので、まったく知らない人よりは仕事を紹介しやすいです。

店長に求人はないか聞いてみる

店長に求人はないのか聞いてみることで、将来の店長候補として雇ってもらえる可能性があります。

はじめは副店長からスタートになる場合が多いですが、数年働くことで将来店長になれるケースが多いようです。

もし、その店舗で雇う予定がない場合であっても、チェーン店の店長同士はつながっていることが多いので、他店舗に紹介してもらえる可能性もあります。

また、店長自身も仕事で、さまざまなお客さんや取引先の人と話をしているので、そのつながりで企業を紹介してもらえる場合もあります。

あまりにも身近にいすぎて忘れている人もいるかもしれませんが、店長もさまざまな人とつながっている有力な人脈の一人といえます。

まとめ

当然のことですが、人脈を使って就職活動をするためには、ある程度アルバイトの仕事で評価されている必要があります。

普段真面目に働いていない人が、急に仕事を紹介してくださいと言い出しても、紹介はしづらいです。

ですので、普段から仕事をしっかり行い、「この人になら仕事を紹介してもよいな」と思われるような働きをしておきましょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る