ハンバーガーメニューの画像

フリーターから営業職を目指して就職活動する方法

フリーターから営業職を目指して就職活動する方法のアイキャッチ画像

フリーターから正社員就職をする際には、営業職を選ぶ人が多いです。

営業職は、採用選考で、専門的な技術や経験を求められることが少なくフリーターの人も正社員として採用されやすい職種だからです。

フリーターの人の中には営業職は、

  • ノルマがきつそう
  • 残業が多そう

など、仕事がキツイというイメージを持つ人がいるかもしれません。

しかし、営業職は、

  • お客様に喜んでもらえて、達成感を感じられる
  • 目標を達成すれば給与が増えて、やりがいを感じられる

などよい面もあります。

そこで、ここでは、「フリーターが営業職を目指すメリット、デメリット」や「フリーターが営業職に就職するための就職活動方法」を解説します。

1.フリーターが営業職を目指すメリット、デメリット

フリーターが営業職を目指すメリット、デメリットのアイキャッチ画像

フリーターから営業職を目指すことには、メリットだけでなく、デメリットもあります。

ここでは、フリーターが営業職を目指すメリット、デメリットについて紹介します。

1‐1.フリーターが営業職を目指すメリット

まずは、フリーターが営業職を目指すメリットについて見ていきましょう。

年齢や経験に関係なく働ける
営業職は、年齢や経験に関係なく求人を募集する企業が多いのでフリーターから就職しやすい職種です。
実力で評価される
営業職は、フリーターからの就職でも、実力をつければ評価されます。

勤続年数に関係なく、実力次第で昇給や昇格が早くなる場合もあります。
歩合制度で給料アップになる
営業成績でよい結果を出せば、歩合制を導入している企業では、給料にプラスされて報酬がつきます

金銭的な見返りだけでなく、旅行や休暇をプレゼントする企業もあります
転職しやすくなる
営業職は、転職活動を行う際にも求人が多く、転職しやすい職種です。

さまざまな業界に営業職は存在するので、前職とは別の業界にチャレンジすることもできます。

営業職を一度でも経験していると、名刺交換やあいさつなどのビジネスマナーや、自然なコミュニケーション能力が身につき、対人関係に強くなります。

そのような営業経験の中で身についたスキルを、次の職場でもすぐに活かすことができるので、即戦力として採用されやすいです。
社外に人脈ができる
営業の仕事をする際には、社外の経営者や役職の人など、さまざまな立場の人と関りを持ちます。

営業を通じて人脈が広がるので、後々の仕事にも役立てられます。
お客様に感謝される
営業職は、会社の中で最もお客様に近く、感謝の言葉がダイレクトに伝わる職種です。

商品の購入や交渉が成立した際には、お客様に満足してもらった達成感や、やりがいを感じられます

1‐2.フリーターが営業職を目指すデメリット

フリーターが営業職を目指すデメリットについて見ていきましょう。

仕事と休みの区別がつきにくくなる
お客様とは携帯電話で連絡を取り合うことが多く、営業時間外や休日に関係なく、お客様から電話がかかる場合があります。

そのようなことが続けば、息抜きできないため、体が休まらないです。

自由な時間を多く確保していたフリーターの人は、このような生活に苦痛を感じる可能性があります。
残業が多くなる
現場から会社へ戻った後に事務作業をすることが多く、仕事が定時に終わらず残業をする場合があります。

アルバイトのように、決まった勤務時間で退社できるケースは少ないです。
インセンティブ制度によって給料が安定しなくなる
営業成績が悪い場合は最低限の給料しかもらえず、正社員であっても給料が毎月不安定な営業職もあります

このように、フリーターが営業職を目指すことには、メリット、デメリットがあります。

しかし、全ての営業職がこれらのメリット、デメリットに該当するわけではないので、企業研究をきちんとして自分に合う営業職を見つけてから応募しましょう。

2.営業職の種類と年収

営業職の種類と年収のアイキャッチ画像

営業職とひとくくりにいっても、さまざまな種類があります。

また、営業職として働く業界によって年収が大きく変わります。

そこで、ここでは、「営業職の種類」や「業界別の年収」について解説します。

2‐1.営業職の種類

営業職には、いくつか種類があるので、ここで見ていきましょう。

法人営業
法人営業では、企業などの法人や団体を対象に、営業活動を行います。

企業間で長期的な仕事を行うためには、各企業ごとに信頼関係を築かなければなりません。

そのため、定時後や休日に接待をする営業の仕事もあります。

法人の場合、商談を行う担当者に決裁権がないことが多く商談成立には複数の人が関わるので、商談成立までの時間が長いです。
個人営業
個人営業では、一般の消費者を対象に、営業活動を行います。

お客様一人を納得させることが、交渉の決め手になります。

個人営業で取り扱われる商品は、自動車や不動産、保険や化粧品などです。

個人営業は、法人とは違い、目の前のお客様に決裁権があるので、商談成立までの時間が短いです。
ルート営業
ルート営業は、既存のお客様を対象に、商品やサービスを販売する営業職です。

「何度も会っているお客様なので大丈夫」と気軽に考えず、いつでも清潔感のある身だしなみを保ち、お客様のニーズに応じなければなりません。

一般的な営業職より、取り組みやすく、ノルマはきつくないことが多いです。
新規(飛び込み)営業
新規(飛び込み)営業は、訪問先にアポを取らずに訪問し、売り込みを行う営業職です。

営業の中では効率が悪く、ノルマの達成率が低い場合があるので、それにめげない忍耐力が必要です。
海外営業
海外営業は、海外市場を対象に行う営業職で、法人営業と個人営業どちらにも該当します。

営業自らが海外へ行き、現地で仕事をする場合もあるので、語学力や外国文化への理解が必要です。
医療営業(MR)
医療営業は、medical representativeの頭文字をとって、MRと呼ばれています。

製薬会社に所属し、医療従事者に自社の医療品の情報を提供する仕事です。

商品を扱ったり納品や価格交渉がないので、他業界の営業職とは違います。

MRは、最新の医療情報を知るために学会に医者と同席したり、論文を読んだりと日々の勉強が必要です。

2‐2.業界別の年収

営業職は、成果が出れば給料に反映する企業が多いので、「給料がよい職種」です。

20代前半の、営業職別の年収は以下のようになっています。

  • 法人営業         358万円
  • 個人営業         348万円
  • ルート営業        334万円
  • 海外営業         349万円
  • 医療営業(MR)      417万円

出典:転職会議「年収まとめ

20代前半の平均年収は、約262万円(※1)なので、営業職のほうがはるかに給料が高いです。

営業職は、営業成績がよければさらに年収が上がる職種です。

年齢や社会経験がなくても正社員就職がしやすく、給料も高いので、フリーターにとっては魅力的な職種といえるでしょう。

※1出典:国税庁長官官房企画課「民間給与統計調査(19ページ)」平成29年

3.こんなフリーターが営業職に向いている

こんなフリーターが営業職に向いているのアイキャッチ画像

フリーターで、営業職に向いている人はどのような人でしょうか。

自分が営業職に向いている人に該当するのか、見ていきましょう。

お客様の話しをよく聞き、お客様の要望を理解できる人
営業職では、自分が話すことよりも、お客様の話を聞くことが大事です。

お客様が、何を望んでいるかを話の中から探りだし要望に合ったサービスや商品を提供できる人はよい結果を出すことができます。

アルバイトをしていた時にも、お客様の話をよく聞いて、要望をうまく把握できていた人は、営業職でも活躍できるはずです。
何事にもマメな人
営業職では、お客様からの質問に対して早い回答ができたり取引先企業の訪問を何度も行うマメな人ほど成果を出せる傾向にあります。

マメな人は、お客様から信頼されて、交渉を円滑に進められるからです。

アルバイトでも、与えられた仕事だけをするのではなく、困っている人の手助けをしたり、気遣いができていた人は、営業職に向いているでしょう。
向上心がある人
営業職で向上心がある人は、難しい仕事に出会っても、それを乗り越えようと試行錯誤するので、結果的に成果を出す人が多いです。

就職活動の段階でも、応募企業の教育制度を調べて学ぶ姿勢を持っていれば、入社してからもスムーズに仕事を進められるでしょう。

営業職に向いている人は、このような人があげられます。

自己分析をして、自分が営業職に向いているのかを考えてみましょう。

4.正社員未経験のフリーターが、営業職に採用されやすい理由

正社員未経験のフリーターが、営業職に採用されやすい理由のアイキャッチ画像

正社員未経験のフリーターは、社会人経験や資格がないなどの理由で就職活動に苦戦する人が多いです。

しかし、営業職では、正社員未経験のフリーターが多く採用されています。

そこで、ここでは、正社員未経験のフリーターが営業職に採用されやすい理由について見ていきましょう

実力主義
営業職は、学歴や年齢などに関係なく自分の実力が評価されます。

正社員未経験のフリーターでも、営業成績がよければスピード出世も可能です。

フリーターからの就職でも、実力をつければ年収アップも目指せます。
必要資格が少ない
営業職では、普通自動車運転免許以外では、特に資格は必要ありません
社会人経験が必要ない
入社後に、名刺の渡し方や電話の受け答えなどのビジネスマナー研修や、営業手法を学ぶための営業研修を行う企業が多いので、正社員未経験のフリーターも就職しやすいです。
求人多数
営業職は、人材不足の職種のため求人数が多いです。

スキルがなくても、若い人材が欲しいと希望している企業も多いです。
未経験可の求人が多い
営業職は、募集要項に「未経験可」と書いてある企業が多く正社員未経験のフリーターも採用されやすい職種です。

5.フリーターから営業職を目指す人の就職活動方法

フリーターから営業職を目指す人の就職活動方法のアイキャッチ画像

フリーターから営業職を目指す人には、就職活動をした経験がない人が多いでしょう。

ここからは、そのようなフリーターの人が営業職を目指す際に活用できる、「履歴書や職務経歴書の書き方」や、「面接を通過するテクニック」を解説します。

5‐1.就職活動の準備

フリーターから営業職の正社員就職を目指すには、まず就職活動の準備をする必要があります。

以下の就職活動準備を行ってみましょう。

自己分析をする

自己分析をすると、自分のことをよく理解できます。

面接の際に、面接官からさまざまな質問をされても、自分のことを把握できていれば受け答えしやすくなります。

今までの人生を振り返り、その中で「自分のためになったこと」や「今後の仕事に役立てられること」などを整理しておきましょう。

面接でよく聞かれる質問への回答をノートにまとめる

フリーターが面接でよく聞かれる質問と回答例を以下の記事で解説しているので、参考にしながらノートにまとめておきましょう。

フリーターが面接で必ず聞かれる4つの質問と回答例フリーターが面接で必ず聞かれる4つの質問と回答例

目指す営業職の種類を決める

上でも解説したように、営業職には、いくつか種類があります。

就職活動を行う前には、複数ある営業職の中から、希望する営業職の種類を決めておく必要があります。

営業職の種類を決めることで、就職活動の方向性が決まり、求人検索や企業研究などがスムーズに行え、面接で答える志望動機が考えられるようになります

5‐2.営業職向け、履歴書の書き方

フリーターから正社員を目指す際の履歴書の書き方については、以下の記事で実際の履歴書を示しながら説明しているので、こちらを見てください。

フリーターの履歴書の書き方のアイキャッチ画像フリーターの履歴書の書き方

ここからは、営業職に応募する場合に限定した、履歴書を書く際のポイントを解説します。

書類作成のマナー

就職活動で営業職を目指した履歴書を書く際には、「誤字脱字がないか」「きれいな字で書けているか」は、必ずチェックしましょう。

このような就職活動マナーを守れない応募者は、書類選考の段階で不採用になることが多いです。

特に営業職は、仕事をはじめてからビジネスレターを書く機会が多いので、「字のきれいさ」や「丁寧に書いているか」は基本として評価され、「熱意が伝わる文章になっているか」というような点も評価されると考えておきましょう。

職歴欄

フリーターでアルバイトの職歴しかない場合は、職歴を記載してもしなくてもよいですが、営業職では接客経験などが活かせるので、アルバイトの職歴を記載しておくとよいでしょう。

引っ越しや運送などの体力仕事のアルバイト経験も、営業職では評価される可能性が高いです。

志望動機欄

フリーターは、アルバイトなどの仕事で、身に付けたスキルや経験があります。

入社してから、その能力を「もっと高めたい」「営業職で活かし、売上目標を達成させたい」などの、前向きで具体的な内容を、志望動機の欄に書くとよいでしょう。

資格欄

フリーターが、営業職の正社員就職を目指す際、特に資格は必要ありません

しかし、営業職は顧客回りが多いので、仕事によっては車を運転しなければならない場合もあります。

ですので、「普通自動車運転免許」を取得しているなら必ず記載しておきましょう。

それ以外では、「簿記検定」や「MOS(エクセル)」の資格は、営業職の仕事にも役立つので取得しているなら記載しておくとよいでしょう。

履歴書に資格を書く場合は、略さずに正式名称で記入するようにしましょう。

自己PR欄

フリーターの人にもアルバイト経験の中で、「レジ清算や売上管理」「接客や販売」など営業職で役立つ仕事をしてきた人は多いでしょう。

そのようなアルバイト経験を、営業職でどのように活かせるのかをアピールすることが大事です。

「職務経歴書は必要か?」

フリーターの人には、正社員未経験で職歴がないという理由から、職務経歴書の提出をするべきか悩んでいる人もいるかもしれません。

しかし、フリーターの人も、職務経歴書は提出したほうがよいです。

フリーターが職務経歴書を提出したほうがよい理由は、

アルバイトで経験した仕事内容を詳しく記載することができ、企業に評価してもらえる

面接官が、書類選考で応募者の中から面接に進める人を選ぶ際の、判断材料の一つにしてもらえる

からです。

履歴書だけでは、面接官が応募者を判断しずらく採用が遠のく可能性があるので、フリーターの人も職務経歴書を提出するとよいでしょう。

職務経歴書の作成方法については、以下の記事で解説しているので、チェックしてみてください。

フリーターの職務経歴書の書き方のアイキャッチ画像フリーターの職務経歴書の書き方

5‐3.営業職の面接を通過する方法

上でも紹介したように、フリーターが面接でよく聞かれる質問と回答例については、以下の記事で解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

フリーターが面接で必ず聞かれる4つの質問と回答例フリーターが面接で必ず聞かれる4つの質問と回答例

ここでは、

  • 面接官が営業職の面接選考の際に、重視するポイント
  • 営業職の面接で気をつけたい6つのこと

について解説していきます。

ぜひ、面接対策に活用してみてください。

面接官が営業職の面接選考の際に、重視するポイント

面接官は、「一緒に働きたい人」を探すために、採用活動をしています。

面接官が、面接選考の際、応募者のどこに注目しているか見ていきましょう。

第一印象がよいか

dodaの「中途採用の面接選考の際、重視しているポイント」を、面接官にアンケートした結果、ほとんどの職種で「第一印象」が1位です。

営業職は、お客様とコミュニケーションをすることが多いので、第一印象がダントツで1位になっています。

中途採用の面接選考の際、重視しているポイント。1位第一印象。2位受け答えの仕方。3位誠実さ・素直さ。4位熱意・積極性。5位身だしなみ
出典:doda 「面接で重視するポイント

第一印象は、「身だしなみ」や「言葉遣い」、「態度」や「表情」で決まります。

営業職は、お客様と直接会って仕事をすることが多いので、「第一印象」をよくすることが大切です。

面接での第一印象は、面接室に入室して数秒で決まるので注意が必要です。

第一印象をよくするためのポイントを以下で紹介します。

身だしなみ
身だしなみは入室時に目につきやすいので面接会場を訪問するまでに、鏡でチェックしておきましょう。

シワのない綺麗なスーツで、髪型はすっきりとした印象になるように整えておきましょう。
入退室のマナー
面接室への入退室の際には、必ず大きな声であいさつを行いましょう。

入退室のあいさつや、お辞儀などの基本動作を事前に練習しておきましょう。
受け答えの仕方
面接官との受け答えの際は、大きな声で、明るい印象になるように話しましょう。

会話のキャッチボールができるように、面接官の話す内容をきちんと理解し、受け答えできるよう模擬面接をしておきましょう。
コミュニケーション能力があるか

営業職は、お客様の話を聞いて内容を理解したうえで、自分の話しをできるかが大事です。

面接官は、応募者との会話の中からこのようなコミュニケーション能力はあるか、初対面でも話題作りはできているかなどを、チェックします。

応募者の中でも会話をしていて話がわかりやすい人は、コミュニケーション能力が高いと判断されるので、面接でも高評価をもらえます。

ストレス耐性があるか

営業職では、お客様とのやり取りの中で、冷たい言葉をかけられたり、横柄な態度を取られることがあります。

そのようなことから、面接官は、応募者が逆境や困難などのつらい状況でも、目の前の課題に向かって努力し続けられるかを確認したいと考えます。

営業職の面接の質問では、

「これまでの人生でもっとも困難なことは、どのようなことでしたか?どのようにそれを乗り越えましたか?」

というような、ストレス耐性を確認する質問がよく行われます。

このような質問がされた際に答えられるように、今までの人生で辛かったことや、苦手なことを、どのような方法で克服したのか、具体的なエピソードを示しながら面接官にアピールできるように準備しておきましょう。

ここまで紹介してきた、営業職の面接での重要なポイントをおさえておけば、フリーターの方も営業職に就職できるでしょう。

営業職の面接で気をつけたい6つのこと

面接では基本的なことではあるものの、気をつけないと大きな減点をされてしまい、それだけで不採用になることがあります。

上の「面接官が営業職の面接選考の際に、重視するポイント」で紹介した内容と重なるものもありますが、重要なことなので絶対にしないように再度確認をしておいてください。

遅刻する
不慮の事故でない限り、面接に遅刻した時点で、不採用の可能性は高くなります

営業職は、お客様や取引先へ訪問する機会が多いので、遅刻が絶対に許されないからです。

重要な面接で遅刻するようでは、仕事ができる人である可能性は低いとみなされます。

万が一、交通機関の事故などに合った場合は、すぐに採用担当者に連絡して、現状を報告し、どのようにすればよいか指示を頂きましょう
あいさつをしない
あいさつができない人は、社会人とみなされません

特に、あいさつ回りが多い営業職を希望している人は、きちんと、あいさつができるのが必須条件です。

面接で来社した際は、受付でもあいさつを忘れないようにしましょう。
服装が乱れている
スーツに、目立つシワやほこりがついていると、営業職希望者は減点が大きくなります

面接や仕事で重視される、第一印象が悪くなるからです。

清潔感のある身だしなみを、常に意識するようにしましょう。
馴れ馴れしい口調で話す
面接の際に応募者の緊張をほぐすために、親しげに話しかけてくれる面接官もいます。

そのような場面でも、馴れ馴れしい口調で話さず、丁寧な言葉を使い、はっきりと話すように心がけましょう。
入退室のマナーができていない
面接会場への入室の際には「失礼します」、面接開始前には「よろしくお願いします」、面接終了後には「ありがとうございました」など、一声をかけるのは社会人マナーの基本です。

入室の際の、ノックも忘れずに行うことが大事です。
携帯電話の電源を切らない
面接中に、携帯電話の着信音が鳴ると印象が悪くなります。

面接会場に入る前には、携帯電話の電源は、必ずオフにしておきましょう。

携帯電話を胸ポケットに入れるのも、見た目が悪いのでカバンの中にしまっておくとよいでしょう。

基本的なことではあるものの、緊張していたり、慌てて面接に参加した場合などに、ミスをすることがあるので、常に注意をするように心がけましょう。

6.フリーターから営業職を目指す際に使える就職支援サービス

ここまで、フリーターから営業職に正社員就職する方法について解説してきましたが、まだ不安があるという人もいるかもしれません。

そのような場合は、営業職に強い就職支援サービスを利用すると、スムーズに就職できて、就職後の満足度も高くなります

営業職を希望するフリーターの就職支援サービスの中では、「ジェイック」がおすすめです。

なぜおすすめなのかというと、

  • もともと営業職を希望する人の就職支援を行っていて、そこからフリーターの支援に力を入れるようになった経緯があるので、フリーター向けの営業職の求人が豊富
  • フリーターから営業職を目指す際に重要なポイントやノウハウに関する情報をたくさん持っているので、利用することで採用される確率を高められる
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれるので、フリーターからの正社員就職で不安を感じている人も安心して就職活動に取り組める

からです。

このように、フリーターと営業職、どちらにも詳しい就職支援サービスは少ないので、ジェイックを利用する価値は高いです。

営業職を希望するフリーターの人は、ぜひ一度、利用してみてください。

ジェイック

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る