フリーターの職務経歴書の書き方

最終更新日: 2017年10月27日

フリーターの職務経歴書の書き方のアイキャッチ画像アルバイト経験しかないフリーターの人でも、アピールしたい職歴や経験があるのでしたらぜひ職務経歴書を書いてみましょう。

履歴書には各スペースが限られていることもあり、アルバイト経験での詳しいエピソードなどを記入する場所がありません。

また、フリーターの人は採用担当者から「仕事をしっかりできるのか?」「長く続けることができるのか?」などといった疑問を持たれている可能性が高いので、それらを払拭するのに職務経歴書が有効に働くはずです。

フリーター経験なんて書いても意味がないと思わず、フリーターだからこそ職務経歴書が必要と考えるべきでしょう。

職務経歴書の基本的な書き方

職務経歴書は、履歴書と違って形式が決まっていません。

ですので、タイトルに職務経歴書と書いていればその書類が職務経歴書になります。

職務経歴書には、自らの経験した仕事を時系列に書いていく方法と、身につけた能力や成果別に書いていく方法があるのですが、フリーターの人には時系列形式で書くことがおすすめです。

  • 〜年〜月〜日 〜株式会社に販売のアルバイトとして入社
  • 〜年〜月〜日 〜の業務を経験。具体的なエピソードなど

といったように年号を書いて、経験した業務や成果などを書いていくようにします。

職務経歴書には、職務経歴以外にも自己PRや夢や目標、資格やスキルといったものを記入しておきます。

履歴書にも同じことを書いているかもしれませんが、資格やスキルの場合は同じことを職務経歴書にも書いておきましょう。

自己PRの項目については履歴書に書いたことをより詳しく記入するなどしておくとよいでしょう。

職務経歴書を書く前にまず履歴書を仕上げてしまい、履歴書に書いたことをさらに詳しく、具体的なエピソードを加えて書くようにすると上手く書くことができます。

まとめとして、職務経歴書を項目で表すと以下のような形になります。

職務経歴書で使う項目

  • 職務経歴概要
  • 職務経歴
  • 資格やスキル
  • 自己PR

フリーターが職務経歴書でアピールすべき事

フリーターが職務経歴書で特にアピールすべきことは、継続力がある事と自ら考えて行動できるのかについてです。

継続力に関しては、アルバイト歴が長いのでしたらそのおとについて書いておけばよいでしょう。

同じ職場で3年以上勤めた経歴があると、継続力に問題はないと考えてもらえる可能性が高くなります。

また、週にどれくらい働いていたのかというのも重要になります。

正社員になれば週に5日働くのが普通ですから、それに劣らない頻度でアルバイトをしていたのであれば入社してからも慣れるのが早いと思ってもらえます。

自ら考えて行動できるかどうかについては、アルバイトの中で何か自らアイデアを出して効率化を図ったり、販売を促進したといった経験を書いておきましょう。

アルバイトは受け身で働いている人も多いので、こういった経験があると高く評価してもらえます。

これら以外でも、チームをまとめたり、後輩の指導をしたり、店長からの信頼が厚かったという事などを、エピソードを交えながら書いておくと評価につながります。

まとめ

職務経歴書は自由に書ける書類ですが、何でもいいから書いておけば良いということではありません。

あくまで、この人を雇えば企業にとって役に立つはずだと採用担当者に思わせるための書類です。

それらを面接の前段階で、詳しいエピソードなどを交えて伝えることができる便利なツールが職務経歴書です。

関連記事

フリーターが使っている求人情報サイト一覧。未経験から正社員になれる求人が見つかります。詳しくはコチラ。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る