採用される文章の書き方とは

採用される文章の書き方とはのアイキャッチ画像エントリーシートや履歴書、職務経歴書と就職活動では、文章を書くことは多いです。

文章を書くことになれない人は多いと思いますが、就職活動で文章を書く場合どういった点に気をつける必要があるでしょうか。

簡潔明瞭な文章を心がける

就職活動では文章を書くといっても、それ程長文を書く事はないはずです。

エントリーシートや履歴書であっても、ある程度書ける範囲は限られていますし、比較的自由に書ける職務経歴書といった書類でも長々と書いては内容がつかみにくくなります。

面接官も、それ程時間を掛けて書類をチェック出来る訳ではないので、1枚の書類をチェックする時間は3分にも満たないと考えておきましょう。

そう考えると、文章はできるだけ簡潔にまとめて、少し読んでも重要な部分が直ぐに伝わる様にしておく必要があります。

アピールしたいことが山ほどあったとしても、その中で最も面接官の印象に残りそうなものを一つか二つ選び記入するようにしましょう。

そして、文章を読む人は貴方に会った事も無いのですから、誰が読んでもわかりやすく、抽象的な内容は避けるようにする事が重要になってきます。

具体的な話が印象に残る

「自分は〜な性格です、〜ができます」といった事を文章に表現しても、他人から見ると信憑性を疑われることが多いということは知っておくと良いでしょう。

事実を伝えていても、具体性が無いと嘘であってもいくらでも書くことが出来てしまうからです。

「〜な性格です」というのであれば、その性格を活かして何かを達成した、〜の評価を得たといった客観的で具体的なエピソードが欲しいです。

「〜ができます」といった場合も、いつ、どのような場所でそれが出来たのかといった事を具体的に書きましょう。

5W1Hといわれる「いつ、どこで、何を、なぜ、だれが、どのように」といった事を明確にして書くと具体的な文章になり伝わりやすいです。

また、何らかの目標を達成したのでしたら、具体的な数値として表現しているとより信憑性が高くなります。

その文章を読んで会ってみたくなるか

エントリーシートや履歴書を作業的に書いている人も多いとは思いますが、もう一度読み直して、その文章を書いた人に会ってみたいと思えるかどうかを確認しましょう。

どれだけ優秀な経歴を持っていても、文章が手抜きであったり、乱雑に書かれているようだと会ってみたいとはならないはずです。

書いた文章のどこが最も大きな売りで、そこがしっかり強調されていて、伝わりやすい文章表現が出来ているでしょうか。

そして、マイナスな経歴がある場合には、そこをしっかりカバーして、むしろ逆境にもめげず努力している人という様な印象を与える事が出来ているでしょうか。

また、企業毎に文章表現を変えて、志望度の高さが伝わる様になっているでしょうか。

会ってみたいと思えるか再確認してみましょう。

まとめ

書類を書く段階では細心の注意を払って書いても、面接で書いた内容を忘れているようでは書いた内容が本当かどうか疑われてしまうかも知れません。

提出前には、コピーを取って面接に行く前に再度確認をするようにしましょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る