ハンバーガーメニューの画像

フリーターの間にボランティアを経験しておこう

最終更新日: 2017年10月26日

フリーターの間にボランティアを経験しておこうのアイキャッチ画像

フリーターをしている間は、アルバイトしかしていない人も多いかもしれませんが、ぜひボランティアにも目を向けてみましょう。

就職活動で有利になるということだけでなく、今現在でもさまざまな地域でボランティアが必要とされているので、皆さんの力が役に立ちます

ボランティアと就職活動の関係

ボランティアにあまり打算的な考えがあってはいけないのかもしれませんが、就職活動でボランティア経験が活かせることが多いです。

履歴書の自己PR欄に書いたり、面接での話題にもできます。

ボランティアに参加する人は、

  • 積極性
  • コミュニケーション能力の高さ
  • 社会参加意識の高さ

など、仕事をはじめてからも必要とされる要素が身についていると考えられるので、ボランティア経験が評価されることは多いです。

また、報酬をもらって行うアルバイトは仕方なく行っている人もいますが、ボランティアは自主的に参加するものであるいうのも評価されるポイントです。

ボランティアに参加した人には、さまざまな人から感謝されることで自分の行ったことが社会に役立つという実感を持ち、仕事への意欲がわいたりその熱意を面接で伝えることで評価が高くなった人もいます。

ボランティアに打算的な部分があまりあってはいけないとはいえ、参加しないより参加したほうが社会にも本人にもよいので、ぜひ参加してみてください。

募集されているボランティアの種類

ボランティアには、さまざまな種類が存在します。

ボランティアを募集している有名サイトに、「Yahooボランティア」があり、さまざまな種類、さまざまな地域でのボランティアが募集されています。

ボランティアの種類には、以下のようなものがあります。

  • ゴミ拾いボランティア
  • 被災地支援ボランティア
  • 農業支援ボランティア
  • 植林ボランティア
  • スポーツ支援ボランティア
  • 学習支援ボランティア
  • 動物支援ボランティア

上記以外にもボランティアはたくさんあるので、さまざまなサイトを利用して調べてみてください。

まとめ

フリーターをしている期間には、アルバイトや趣味、将来の夢に向けての努力をしている人が多いと思いますが、少し脇道にそれるボランティアにも参加することで、視野が大きく広がるはずです。

ボランティアを通して、さまざま年代や地域の人と交流することになりますし、NPO(非営利組織)の人たちと仕事をすることもあるはずです。

このような経験を通して新しい道を見つけたり新しい仕事に興味を持つきっかけになることもあるはずです。

今現在、「特に働きたい仕事が思いつかない」という人にもおすすめですので、積極的に参加してみてください。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る