就職活動に行き詰まったらお墓参りに行こう

最終更新日: 2017年9月19日

就職活動に行き詰まったらお墓参りに行こうのアイキャッチ画像

丁度盆休みに墓参りにいったからというわけではないのですが、墓参りは心機一転したい時や何かをはじめる時にすると、よい効果をおよぼすのではないかと思います。

フリーターから就職活動をはじめる上で色々悩んでいるのなら、お墓参りをしてみることで気持ちを新たにすることができるかもしれません。

メッセージ性の高いお墓が増えている

お墓参りに最近行っていない人には、墓石がたくさんならんでいるだけのお墓に行って何がよいのか分からないという人もいるかもしれません。

一般的に言われる、ご先祖様に活動の報告や悩みを打ち明けることで、気持ちの整理が付くという効果も確かにあります。

しかし、最近の墓地では洋風の墓石が増えてきていて、以前までのように〜家や戒名が彫られているだけではなく、故人からのメッセージが込められたお墓が増えています。

そういったメッセージには、故人から家族に向けた励ましの言葉や生きる上で大事な言葉などがたくさん刻まれているので、それらを読んでいるだけでも考えさせられたり元気をもらえることが多いです。

今現役で活躍している人からのアドバイスを本人からや本からもらうこともできますが、お墓に刻まれている言葉は亡くなる前に考えられ刻まれているので、人生全てを通して大事と思った言葉が残されているので、また現役の人の言葉とは重みが違うような気がします。

公園墓地はそこに行くだけでも気持ちいい

盆とはいっても、お墓参りにいかずに海や山へのレジャーを楽しんでいる人も多いでしょう。

しかし、そのような人が増えて、墓地に誰も来なくなってしまってはいけません。

墓地は何度も訪れてもらうことに意味があるので、墓地の運営者側も考えており、以前までのようにただ墓石がたくさん並んでいるだけでなく、来た人が気持ちのよい空間であるということも重視されてきているようです。

最近の墓地は、公園墓地といって墓地全体で公園のような雰囲気にしている所が多いです。

そこに訪問すると大人であっても気持ちのよい空間であったり、子供も公園と同じとは言えないですが楽しめるような雰囲気があります。

あくまで墓地でありレジャースポットではないですが、随分訪れやすい空間になっているので1人でも訪れることに抵抗はないはずです。

まとめ

今現在建てられるお墓の内3割くらいが洋墓になっているそうで、これからも様さまざまなメッセージを刻んだお墓が増えてくることでしょう。

お盆だけでなく、何か悩んだりしている時に訪れてみるとよいのではないでしょうか。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る