フリーターの段階から英語の勉強をはじめよう

最終更新日: 2017年9月19日

フリーターの段階から英語の勉強をはじめようのアイキャッチ画像

インターネットの発展やグローバル化の進展によって、英語が必要な場面が増えています。

そういったことから、企業の採用選考でも、英語試験の点数が重視される傾向にあり、高得点を獲得していると高評価を得られることが多いです。

採用選考で評価される英語能力を測る試験には、「TOEIC」や「TOEFL」があります。

皆さんの多くがまだ20代の方だと思いますので、今から勉強をはじめても英語の能力は十分高めることができます。

フリーターをしながらでも、少しずつ勉強をはじめてみてはいかがでしょうか。

英語を普通に話せる世代が出てくる

英語の重要性が世間で認識されるにつれて、学校教育でも英語教育に力をいれる企業が増えてきています。

2011年からは、英語の授業が小学校5年から行われ、それ以上早くからはじめる必要があるということでさらに早期からの英語教育も検討されています。

また、私立幼稚園などでも英語教育に力をいれることで入学者が増える傾向にあるので、取り入れる幼稚園は増えています。

このように英語を教える環境が整ってきたので、今教育を受けている世代は当たり前のように英語を読んだり、話したりできる可能性があります。

そういった人たちが学校を卒業して働きはじめるのはまだ先ですが、遠くない未来にそういった時代がやってきそうです。

英語を話せることが当たり前になると、英語を話せないことは仕事をするうえで大きなリスクになるので、少しずつでも勉強をしておいたほうがよさそうです。

TOEICで600点に達していないなら、文法能力と読解能力を高めよう

英語の能力を図るテストにTOEICがあります。

お金を払って受験する英語能力診断テストなのですが、企業での採用選考でも重視されています。

評価される点数は、600点以上が一つの目安になっています。

もし、600点を超えていないのでしたら、、文法能力と読解能力が不足している状態にあるはずです。

もちろん語彙能力も不足している可能性はありますが、読解能力を上げる段階で語彙能力はついていき、それだけでも600点は超えることができます。

600点以下の場合、文法の問題集を解いたり、読解を解説した本を読み、練習問題を解くことで点数が伸びるはずです。

こういった勉強はある程度まとまった時間がある時でないとできないので、フリーターをしている段階でこのレベルを超えておきたいです。

まとめ

英語は必要になってから勉強するとよいとはいっても、仕事をしながら勉強をするのは大変です。

特にTOEICで600点以下の座学が必要とされる段階は、教科書と問題集を長時間取り組まないといけないので精神的にも疲れます。

ですので、英語の能力をつけたいというのであれば、今からはじめることをおすすめします。

20代で体力があり、フリーターというある程度時間に余裕がある期間を、有効に活用していきましょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る