ハンバーガーメニューの画像

フリーターも注意が必要、圧迫面接もどき

最終更新日: 2017年5月22日

フリーターも注意が必要、圧迫面接もどきのアイキャッチ画像圧迫面接という言葉を聞いた事がある人も多いでしょう。

受験者が、嫌がる質問や態度をとって忍耐力や我慢強さを見る面接と言われています。

しかし、最近では「圧迫面接もどき」と言われる、意図せずに受験者へ無礼な態度をとってしまう面接官も増えているので注意したいです。

圧迫面接は減ってきている

一時期は、圧迫面接という手法が公然と認められ、圧迫面接をわざとする事により通常の面接では知ることが難しい、忍耐力や我慢強さを試すという事が行われてきました。

しかし、近年では、面接も企業イメージを形成する大切な場と考える企業が増えており、受験者も将来の消費者になる可能性があることから、圧迫面接のような企業イメージを損ねる行為は行われにくくなっています

そういった事から、圧迫面接は滅多にないもの、おそらく皆さんが面接に参加する中でもほとんどの方が出くわさないものと考えて良いでしょう。

しかし、そういった中でも、圧迫面接の様な形式の面接を行う企業はあるようです。

昔の名残で、今現在も圧迫面接を行っている企業もあるかもしれませんが、「圧迫面接もどき」の可能性も高いと言えるでしょう。

面接官の対応力不足や面接方法についての知識不足により、圧迫面接をするつもりが無いのに、結果的に圧迫面接になっているケースです。

こういった対応をしてしまう人には、若手の面接官で、採用される側から採用する側になった事で、有利な立場にあると勘違いしてしまう人。

普段から若手を使っている年配の人が、面接でも、受験者を従業員と同じような扱いで対応してしまう場合などがあるようです。

圧迫面接に遭遇しても気にせず、いつも通りの面接態度で臨もう

圧迫面接や圧迫面接もどきに遭遇しても、いつも通りの面接態度で臨むと良いでしょう。

相手の挑発的な態度に応じること無く、質問されたことに対して、誠実に答える様にしましょう。

無礼な態度をとっている面接官でも、こちらが誠実な態度で応えていると、自分の無礼さに気づいて改めるというケースもあるので、どういった場合でも誠実に応えるというのが良い方法です。

下手に応戦すると、面接が不採用になるだけでなく、後々の人脈形成時にも影響が出る可能性があるので、注意しておきましょう。

運悪く圧迫面接などに出くわしたら嫌になるかもしれませんが、社会に出ればお客さんや取引先から無礼な態度を取られたり、文句を言われるような事も多々あります。

そういった場合も誠実な対処をするのが最も良い方法ですので、その練習になったと思っておけば良いでしょう。

まとめ

圧迫面接や圧迫面接もどきをする企業に出くわしたときに入社するのか、入社しないのかを決めるのは中々難しい所です。

面接官も企業の顔と考えるのならば、この様な対応しか出来ない企業には未来は無いと考えて採用されても辞退するという考え方が出来るでしょう。

今現在は、圧迫面接はめったにないので、出くわしたら入社しないという選択も良いかもしれません。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る