ハンバーガーメニューの画像

フリーターをしている間にスポーツをはじめよう

最終更新日: 2017年11月22日

フリーターをしている間にスポーツをはじめようのアイキャッチ画像

学生時代やフリーターになってからでも、スポーツに興味がなかった人がいるかもしれません。

しかし、正社員として働き出すと、毎日の仕事で、ストレスがたまったり、疲労がたまることが多いです。

そのような中では、スポーツをしている人としていない人では、生活の質が大きく変わることがあるので、無理をしない程度にスポーツをする習慣を身につけてみましょう。

散歩やウォーキング、軽いランニング程度でも効果あり

スポーツといえば、

  • サッカー
  • 野球
  • バスケ
  • テニス

など激しいスポーツをイメージしますが、こういったもの以外に、もっと気軽に行えるスポーツがたくさんあります。

ウォーキングやランニングもスポーツですし、散歩程度でも仕事のストレス発散や疲労回復を目的にするなら十分な効果があります

運動不足だったり、体重が重く膝への負担が気になる人には、水泳がおすすめです。

最近では、ジムを利用する人が増えて、ジムのプール利用料金も月数千円程度と安くなっているので、水泳を定期的に行うこともできます。

ジムが近くにあるのなら、一度見学に行ってみるとよいでしょう。

各地で大きなマラソン大会が開かれるようになり、ランニングブームが起こってからは、老若男女問わずスポーツをする人が増えてきています。

皆さんもぜひ、スポーツを生活の一部に取り入れてみましょう。

スポーツをしている人は就職活動で有利

「スポーツをしている人は就職活動で有利」ということを聞いたことがあるかもしれませんが、有利か不利かでいうと、スポーツをしていると間違いなく有利になります。

上記したように仕事をはじめてからは、さまざまなストレスに悩まされますが、スポーツをしている人はストレスに負けない傾向があるからです。

企業の採用担当者も社会人として働く中で、そのような傾向があることを知っているので、スポーツをしている人を採用したいと思う人が多いです。

学生時代にバリバリ体育会系のスポーツをしていた人なら、体力があるだろうと考えられて就職活動でも有利になります。

また、ウォーキングやランニングでも履歴書の趣味欄に書いておくと、「アクティブな人」という印象を残すことができるので、よい評価を得られる可能性が高いです。

特にランニングをしている社会人が増えているので、今からでも取り入れて就職活動でPRしてみるとよいでしょう。

注意

ランニングをはじめたばかりの時に、履歴書の趣味欄などでPRするのはやめておきましょう。

毎日ランニングをしている人は、顔がシャープになっていたり、体が締まっているように見えるからです。

就職活動のために行うのであれば、最低1か月はランニングを続けてから履歴書に書くようにしたいです。

まとめ

気軽に行えるスポーツであっても、就職活動や仕事、そしてこれからの生活にプラスの効果がたくさんあります。

今からでも遅くないので、ぜひスポーツを取り入れて習慣化していきましょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る