ハンバーガーメニューの画像

フリーターになった理由一覧

最終更新日: 2018年7月23日

フリーターになった理由一覧のアイキャッチ画像

フリーターになる理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

フリーターと一概にいっても、さまざまな理由でフリーターになった人がいます。

ここでは、フリーターをしている人が「フリーターになった理由」を紹介していきます。

フリーターになったさまざまな理由一覧

フリーターになった、はっきりした理由がないケース

  • 何となくフリーターになった。
  • 大学を中退後、就職活動をしなかったので、そのまま大学在籍中にしていたアルバイト生活を続けている。
  • 高校卒業後、アルバイトを探して働き出した。特にフリーターになるという自覚はなかった。

夢を実現するためや、将来働きたい職業のためにフリーターを選んだケース

  • バンドや劇団員としての活動を中心に生活しているので、アルバイトしかできない。
  • 店長を目指しているが、はじめはアルバイトからスタートすることになっている。
  • 美容師になるために専門学校には通わず、アルバイトから国家資格を取得する予定。

正社員になれなくて、フリーターになったケース

  • 正社員就職するのは難しい職種だったので、アルバイトとして働き出した。
  • 正社員として働く自信がなくて、とりあえず、フリーターでしのいでいる。
  • 就職活動に失敗してしまい、フリーターになってしまった。

フリーターで生活していこうと思ったケース

  • フリーターでも掛け持ちをすれば、20万程の収入になるので十分生活ができると思った。

フリーターになる人の傾向

さまざまなフリーターになる理由がありますが、この中で最も多いのは「なんとなくフリーターになった」という理由です。

フリーターになる年齢は、高卒の人は18歳、大卒でも22歳ですので、まだまだ若く将来を見据えて働くことができないために、フリーターになっている人が多いようです。

また、正社員になろうと思うと、就職活動という少し努力が必要になることをしなければならないので、アルバイトを続けてしまうようです。

次に、何か夢や就きたい職業を目指してアルバイトをしているという人が多いです。

生活費を稼ぐためという場合や、アルバイト自体が将来働きたい職業で働く際に役立つなどです。

こういった理由でフリーターになった人は、将来を見据えてアルバイトを利用しているので、職業意識が高いといえるかもしれません。

まとめ

フリーターになった理由を見ると、納得できる理由や仕方がない理由も多い気がします。

しかし、そのままずるずるとフリーターを続けると、後々、正社員を目指した就職活動をする際に苦労する可能性があるので注意したいです。

フリーターになった理由については、正社員を目指した就職活動の面接でよく質問されます。

以下の記事では、フリーターになった理由について質問された際の、回答例や回答方法について詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

フリーターが面接で必ず聞かれる4つの質問と回答例フリーターが面接で必ず聞かれる4つの質問と回答例

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る