ハンバーガーメニューの画像

就職活動の企業研究に役立つ、企業情報の集め方

最終更新日: 2017年9月19日

就職活動の企業研究に役立つ、企業情報の集め方のアイキャッチ画像

就職活動をはじめると、必ず行わなければならないのが「企業研究」です。

企業研究をすることで、自分に合う企業なのか判断できたり、履歴書や面接で志望動機を伝える際に、企業についてよく調べてアピールすれば好印象につながる可能性があります。

就職活動を行う人には、企業研究を軽視する人もいますが役にたつので、皆さんはきちんと企業研究をしてみてください。

ここでは、企業研究で使える「企業情報の集め方」を紹介します。

企業情報を集める方法は求人サイトの求人情報だけではないので、ここで紹介している企業情報もぜひ活用してみてください。

企業ホームページ

求人サイトなどの求人情報はチェックする人が多いですが、簡単に見れるにも関わらず、企業ホームページをチェックしている人は少ないです。

企業ホームページでは、商品情報から、社長の言葉財務情報など、求人サイトにはない、さまざまな情報が掲載されています。

また、採用情報も求人サイトより詳しく企業ホームページに記載されていることが多いので、採用選考に参加する前には必ず企業ホームページをチェックしておきましょう。

たまに採用選考の面接で、社長の名前を答えられるか質問をするような企業もあるので、企業に関する基本的な情報は調べておきたいです。

ただし、求人サイトの求人情報や企業ホームページの情報は、企業が発信している情報なので、企業にとってよい情報しか掲載されていない場合があります。

企業に関しては、客観的な情報も調べておくと役に立つので、以下の第三者が提供する情報もチェックしてみましょう。

就職四季報

就職四季報という本を見たことはあるでしょうか。

就職活動生の定番の企業情報本なのですが、「3年以内の離職率」や「平均給与」「平均年齢」「残業時間」「研修制度」など、さまざまな就職活動で役立つ企業情報を、数千社にわたって掲載しています。

これだけの情報を自分で調べて比べることは不可能なので、2,000円程度の本なので、1冊買って持っておくとよいでしょう。

通常版の就職四季報には、大企業の情報が掲載されていることが多いですが、フリーターの方が採用選考に参加するのは中小企業が多いので、就職四季報の「中小企業版」が新たに発売されているのでこちらを見ておくとよいでしょう。

ヤフーファイナンス

ヤフーファイナンスは、企業の株価を表示しているホームページです。

ヤフーファイナンスをチェックしている就職活動生はあまり見たことがないですが、一度はチェックしておくとよいでしょう。

主に株取引をする人が利用しているのですが、財務情報から最新の企業ニュースまでチェックできるので、今現在の企業の状態について知ることができます

また、掲示板も設置されているので、株取引をしている人がその企業をどのように評価しているのか知ることができるので見ておくとよいでしょう。

掲載企業は上場している大企業が多いので、応募する企業が見つからない場合もあるかもしれませんが、同じ業界に含まれる企業の情報を見ておくと、業界全体の景気やこれから伸びる可能性があるのかを知ることができます

ただし、掲示板の情報は、不特定多数の人が書き込んでいるので、中には悪意を持った書き込みもあるので注意して利用しましょう。

まとめ

ここでは、3通りの企業情報の集め方を紹介しました。

これら以外にも企業情報を集める方法はありますが、この3つの方法ですら調べない人がほとんどなので、とりあえずこの3つの方法で気になる企業について調べておくとよいでしょう。

気をつけたいのは、信用できない人の発信している情報を信じないことです。

深入りして企業の情報をさまざまなサイトから探す人もいますが、公式ではなかったり、匿名の掲示板の場合、事実ではない情報が掲載されていることがあります。

そのような情報にも有益な情報があるかもしれませんが、細心の注意が必要というこは肝に銘じておきましょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る