自分にあった仕事を見つける方法

最終更新日: 2017年9月19日

自分にあった仕事を見つける方法のアイキャッチ画像就職してから出来れば長く働きたいと考えている人は多いはずです。

自分にあった仕事であれば、長く働くことが出来るはずですが、どのように仕事を探せば良いでしょうか。

ここでは、自分に合う仕事の探し方を紹介していきます。

フリーター時代の仕事を参考に仕事を探す

自分に合う仕事を探すのに簡単で効果的な方法が、今までしていた仕事を参考に仕事を探すことです。

これまでしてきた仕事が自分の性格やライフスタイルに合っているという事でしたら、アルバイトで行っていた仕事と同じ仕事を正社員で探してみると良いでしょう。

また、まったく同じ仕事ではなくても関係する仕事、似た仕事を探すというのも良い方法です。

接客業であれば、営業職やシステムインテグレータ、コンサルタントなどが関連職種になるでしょう。

レジや裏方の仕事をしていたなら、会計や人事、総務といった事務職や配送業などが考えられます。

逆に、アルバイト時代の仕事が合っていなかったという事であれば、まったく逆の仕事を探してみるのも良いでしょう。

仕事の合う合わないは経験してみないと分からない部分が多いので、これまでの仕事経験を基準に考えると良い選択を出来る可能性が高いです。

仕事探しで重要なポイント

ここからは、仕事を探す時にチェックしたい情報について解説していきます。

職種や給料なども重要ですが、職種は経験してみないと分からない部分が多いですし、給料は未経験からの就職ではどこの企業でもそれ程大差ないので、ここでは、それら以外の事について解説します。

ここで上げるポイントを調べて自分にあう仕事を探していきましょう。

企業の規模

企業の規模で仕事の仕方は大きく変わるので、どういった働き方をしたいかで選ぶ必要があります。

一般的に大企業は、区分けされた特定の仕事をして、それ以外の業務にはあまり関わらないという事が多いです。

企画を通したり予算を貰うためには幾人もの上司に確認が必要な事が多く、内部での事務処理に時間が取られがちです。

企業内に専門知識を持った人がたくさんいるので、困ったときに助けて貰う事が出来る事は多いです。

一方で、小さい企業では特定の仕事だけに限られることは少なく、様々な仕事を任せられる事が多いです。(雑務も多いです)

上司への確認が必要な場合は近くにいる事が多いので簡単ですが、仕事の規模は小さな物が多いです。

仕事で困ったことがあっても、専門とする人材がいない事が多いので、外部の人に頼ったり、インターネットや本を調べて解決する必要があります。

企業によって多少異なりますが、大企業には大企業の小規模企業には小規模企業の特徴があるので、そういった点を考えて仕事を選ぶ必要があります。

勤務地

働く場所までの距離や転勤に抵抗はないのかということも重要な判断事項です。

バイトでは近くに勤めていた人が正社員になって遠くの職場になった場合、通勤に疲れてしまう事もあります。

また、距離的には近くて良いと思っていても、実際通勤してみると交通の便が悪く予想よりも時間がかかるという事があるので、入社を決める前に現地へ行ってみることをおすすめします。

転勤については、家の事情があったり、介護などが必要な人は転勤が出来ないという事もあるでしょう。

転勤のある企業に勤めた場合、個人の事情で転勤を断ることはほぼ不可能ですので、よく確認する必要があります。

社風

合う合わないに大きな影響を与えるものに、社風があります。

新人の教育環境はどうなっているのか、年齢構成はどうなっているのか、上下関係は厳しいのか、といった事で仕事をする際の快適性や人間関係が大きく変わってきます

あまりに、年齢構成が高い場合は、若い人はいずらくなってしまう可能が高いです。

しかし、逆に少ない新人という事で大事にされる事もあるので、年配の人達と仕事をすることに抵抗がなければ、あえてそういう企業を選ぶのも良いでしょう。

上下関係に厳しい企業では、上司や先輩への気遣いの方が仕事よりも大変になってしまう事も多いので注意が必要です。

こういった社風は入社してみないと分からない場合も多いですが、企業のパンフレットやホームページを読んでいると社長の言葉や社訓などからある程度の雰囲気が分かることが多いです。

また、面接での面接官の態度や話し方、受付の対応、社員の話している事を聞いてみるなどからも分かることがあるので、注意して確認しておくと良いでしょう。

まとめ

上記してきた事を確認していても、働いてみるまで中々実態は分からないという事も多いです。

しかし、事前に確認をしておけば大きな失敗は防ぐことが出来るはずですから、どこでも良いと適当に決めてしまうのでは無く、あらかじめ情報収集をして調べておくと良いでしょう。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る