ハンバーガーメニューの画像

フリーターをしながら社会人基礎力を身につけよう

最終更新日: 2017年10月30日

フリーターをしながら社会人基礎力を身につけようのアイキャッチ画像

社会人になり仕事をはじめると必要になる基礎的な能力を、経済産業省がまとめたのが「社会人基礎力」です。

社会人基礎力は、

  • 「前に踏み出す力」
  • 「考え抜く力」
  • 「チームで働く力」

の3つの能力に分かれており、全部で12の能力が示されています。

これらの能力は、企業が採用選考で重視するので、アルバイトをしている段階で意識しながら仕事をして身につけておくとよいでしょう。

身につけた能力を、アルバイトでの経験と交えながら面接でアピールすれば評価が高くなるはずです。

社会人基礎力の内訳

では、社会人基礎力の詳細を見ていきましょう。

前に踏み出す力

  • 主体性
  • 働きかけ力
  • 実行力

チームで働く力

  • 発信力
  • 傾聴力
  • 柔軟性
  • 状況把握力
  • 規律性
  • ストレスコントロール力

考え抜く力

  • 課題発見力
  • 計画力
  • 想像力

出典:経済産業省社会人基礎力

これらの能力の中で、特に企業が重視するのが「前に踏み出す力」です。

日本社会に閉塞感がただよう中で、実行力のある人が最も求められています

考えたり、議論することも大事ですが、それだけで満足している人も多いです。

しかし、仕事は実際に実行することによって成果である売り上げが発生するので、考え、議論し実行にまで持って行けるリーダーシップが必要とされているのでしょう。

フリーターのアルバイト経験で社会人基礎力を身につける

アルバイトだからといって社会人基礎力が身につかないということは決してありません。

実際、社会人基礎力は教育段階でも参考にしてもらおうと考えられており、学生の教育にも使われています。

フリーターとしてアルバイトをしていれば、社会人基礎力を身につける場面はたくさんあるので、意識しながら働いてみるとよいでしょう。

「前に踏み出す力」

アルバイトは権限が少ないことから、前に踏み出す力については発揮しづらいかもしれませんが、まずはアルバイトをやらされているという気持ちを捨てることからはじめるとよいのではないでしょうか。

時給をもらうために嫌々している人もいるかもしれませんが、そういった考えでは最低限の仕事しかできませんし、自ら考えて行動することもないでしょう。

しかし、自ら考え行動することを意識していれば、お客様が困っている時に独自のアイデアを出して助けられたり、アルバイト仲間に率先して動くことでアルバイトの指揮を高めることもできるはずです。

社会が最も求めているのが「前に踏み出す力」ですので、アルバイトの中でもリーダーシップを発揮できていれば、採用選考でも評価は高いはずです。

「チームで働く力」

アルバイトで最も身につくのがチームで働く能力かもしれません。

少ない人数で働くアルバイトもありますが、それでも何人かの人が関わり合って仕事をしているはずです。

その中で、コミュニケーションをはかり仕事を円滑に行えているか、より良い仕事ができる環境を作り出しているか、を意識しながら仕事をすることで、チームで働くために必要な能力が身についてくるはずです。

チームで働く力と勘違いしてしまいがちなのが、アルバイト仲間と仲良くすることです。

仕事をする上で従業員同士の仲がよいことは大事ですが、企業は友達作りのために存在するのではなく、あくまで仕事を通して社会に貢献するためにあります。

ですので、チームで協力することで、お客様の満足度が上がったり、喜んでもらえることにつなげる必要があります。

「考え抜く力」

アルバイトの仕事は、誰でも簡単にできるように、定型の仕事である場合が多いです。

しかし、そんな中においても、独自のアイデアをだしたり、採用された経験があると採用選考で評価される可能性が高いです。

コンビニや書店、スーパーなど販売業の仕事では、商品を紹介するポップをアルバイトの人に作らせているところもあるので、そういった場面で自らのアイデアを出してみるのもよいでしょう。

店長や副店長などから、意見を求められることもあると思うので、そういった際にも意見がいえるように、効率化できる仕事はないか、サービスをより高められる部分はないかといったことを考えながら仕事をするとよいでしょう。

まとめ

「正社員として働いている人が社会人」と考えてしまうことは多いですが、本当は誰もが社会に関わっているのですから、皆社会人です。

特に仕事をしている人はアルバイトであっても、社会に働きかけているというので間違いなく社会人といえるでしょう。

社会人基礎力が身についたかどうかは、社会人を他人事と考えているのか、自分の事と考えられているのかの違いでもあるのかもしれません。

フリーターに人気の求人情報サイトランキング

フリーターが使っている人気の求人サイトを、ランキングにして紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAICは、フリーターを専門として就職活動のサポートをしてくれる人気の人材紹介会社です。

求人紹介だけでなく、「履歴書の書き方」や「面接対策」についても詳しく教えてくれます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、フリーターから就職活動を行う際に、ほとんどの方が利用している人気求人サイトです。

扱っている「求人数」「職種の種類」共に充実しています。
第3位
はたらいく
はたらいくは、地方の求人に強い求人サイトです。

ここでしか見れない求人が非常に多く揃っています。

フリーターが使っている求人情報サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

フリーターが使っている求人情報サイトフリーターが使っている求人情報サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る