ネット時代の新聞求人広告の利用法

ネット時代の新聞求人広告の利用法のアイキャッチ画像求人情報を探す場合、インターネットで探す事が一般的になっています。

しかし、今でも日曜日になると、新聞の広告に求人情報が挟まれている事が多いです

ネットの求人情報と新聞求人広告ではどう違うのでしょうか?

新聞求人広告は地域の求人が多い

ネットはどこでもいつでも利用出来ることから、非常に便利に使えるのですが、求人を掲載している企業は都心部の比較的大規模な企業が多いです。

ネットからの応募者の多くが、都心部での就職を希望していることから、求人サイト側も都心部の求人掲載に力をいれがちなのです。

求人サイトを運営している企業が都心部にあるので、都心部の求人の方が集めやすいという事情もあります。

また、有名求人サイトの多くが、職業別に掲載されていることが多いので、地方の求人を探す時には、検索を利用したり、条件を設定して絞り込みしなければならない事が多く、地方の企業を探す利用者には少し利用しにくい形になっています。

こういった事から地方の企業は中々求人サイトに求人情報を掲載するという事は少なく、昔からある新聞広告に求人情報を掲載しているのです。

新聞求人広告には他に掲載されていない求人もたくさんある

ネットの時代に新聞の広告を見るのは面倒臭く感じるかもしれませんが、就職活動をしている間はしっかりチェックしておきたいです。

上記したように地方の求人には新聞求人広告が強いですし、ネットに掲載する事に慣れていない企業というのは今だに多いので、隠れた優良求人が見つかることもあります。

こういった事は、新聞広告だけに限った話ではなく、ハローワークにも他には掲載されていない求人がありますし、最近は少なくなりましたが求人雑誌にも、ならではの求人が掲載されている事があります。

それぞれの媒体で力を入れている地域や業界、企業の規模が違うので、様々な方法で求人を探してみると良いでしょう。

まとめ

今回は新聞求人広告についてとりあげたのですが、ネット上の求人もサイト毎に大きく変わってきます。

ついつい同じ求人サイトを利用しがちですが、様々なサイトをチェックしてみるとよいでしょう。

フリーターが使っている求人情報サイト一覧。未経験から正社員になれる求人が見つかります。詳しくはコチラ。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る