フリーターから大手企業への就職は可能?

フリーターから大手企業への就職は可能?のアイキャッチ画像フリーターが、大企業など大手への就職をすることは可能なのでしょうか?

転職市場でのフリーターの位置付けなどと共に解説していきます。

フリーターを積極採用しているのは、中小企業

大手企業に就職したいと考えているフリーターは多いと思いますが、フリーターを積極採用しているのは中小企業であるということは理解しておきましょう。

新卒採用などでは人材を確保することができなかった中小企業が、フリーターを採用しているのです。

一方で大手企業になると、新卒者の応募が殺到するようなケースも多く、企業全体の採用方針として新卒採用と経験豊富な人の中途採用しか行わない、としていることもよくあります。

フリーターは、人材の中でも少し変わった位置付けにあるので、わざわざそういった人を雇う必然性が大企業にはないようなのです。

そういったことから、フリーターが就職をする場合は、中小企業を中心に就職活動を行うと考えておくとよいでしょう。

職種によっては大企業を狙うことも可能

ここまで読んで、フリーターは大企業に転職するのは難しいのだとがっかりした人もいるかもしれません。

しかし、職種によっては、大企業もフリーターの採用を行っています。

営業職や販売職など技術をそれほど必要としない職種では、大企業でもフリーターが採用されるケースが多いです。

逆に技術職になると、大企業は経験豊富な人を中途採用するか、新卒採用をして育てるのかの二つの方法を取っていることが多いので、フリーターが採用されるのは難しくなりがちです。

しかし、フリーターを避けているということではなく、わざわざフリーターを採用していると求人情報に書いていないというケースもよくあります。

ですので、どうしても就職したい企業や職種があるということでしたら、一度メールや電話で問い合わせてみるとよいでしょう。

景気に左右される企業の採用姿勢

最後に企業の採用方針が景気に大きく影響されるということについても述べておきます。

大企業は、採用において有利な立場にあるので、フリーターを採用する必要性は低いのですが、景気がよくなって人手が不足する場合などには採用方針にも変化が起こります。

人材が余っている時には、人材の質を重視するといっていた大企業も、人材不足になると未経験者歓迎の求人情報を出しているといったケースがよくあるのです。

ですので、フリーターの立場から大手企業に就職したいということであれば、世の中の景況感にも注目しておくとよいでしょう。

今現在(2016年)においては、景気がよく、人材不足に陥っている企業が非常に多いので、フリーターにが大手に就職できる確率は高くなっているはずです。

ぜひ、このチャンスを利用して就職してほしいと思います。

まとめ

フリーターから大手企業に就職するには、職種を選んだり、タイミングを見計らったりと、難しい面があります。

しかし、全くチャンスがないということではないので、どうしても大手に勤めたいという人は様々な方法を検討してみるとよいでしょう。

どうしても、就職時点では難しいということでしたら、働いて経験を積んでから大手に転職するという方法も考えられます。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る