ニート歴4年半、甘えた自分を変えるには

はじめまして / ミイ

私はニート暦4年半くらいです。

高校を卒業後、専門学校に行ったり、アルバイトをしたのですが、周りについていけず、やめてしまいました。

小さい頃から「何をやってもダメな子」でした。

運動も、勉強も、人間関係も・・。

日常生活でも、忘れ物、なくし物、道に迷うなど、失敗ばかりです。「ボーっとするな」といわれても、どうすればボーっとしなくなるのかがわかりません。

今、発達障害があるのでは、と思って、調べてもらっているところです。

どっちにしろ、いつかは働かなくてはならないと思いますが、職場で怒られ続けるのが怖いし、迷惑をたくさんかけてしまうのが申し訳ないです。

もちろん、親に迷惑をかけるのも申し訳ないですが・・。

知らない人に怒られるより親に怒られる方がましと、ビビッているところです。

私はとても子どもっぽく、一日中、母にべったりという感じです。マザコン(女でもこういうのでしょうか)みたいな感じです。

母は「早く自立しろ!」といいますが、甘えてしまいます。

気が弱く、友達は一人も居ません。

とりとめのない文章になってしまいましたが、これからどうすればいいかなど、客観的な意見を何かもらえたらうれしいです。

2006/12/26(Tue) 02:05:52


Re: はじめまして / クゥ

今まではROMオンリーでしたが、初カキコさせていただきます。ときどきココを覗いています。HN「クゥ」といいます。

え~と、就職面でのアドバイスはできないのですが、仕事をするということについてアドバイスができればと思います。

私もミイさんと同じように人から(上から)命令されたりしかられたりというのが苦手な人間でした。(今もそうですが)

じゃあそういうのが逆に「得意な人」がいるのかという疑問もありますから、極端にこわがっていたとでもいいましょうか。

ですから小中高とクラブは運動部系はダメでした。(一応入りましたが、いずれも長続きしませんでした)

ですが、就職するにあたりそういうのが避けられないのも分かっていました。そんな時、どこでだったでしょうか、ひとつの言葉に出会いました。

「怒られるのも給料のうち」

つまり、「お前は新仕事人(じん)として一体何ができるんだ?何もできないだろう。

せいぜいお客様に元気のいい挨拶をする程度だ。(←これもかなり重要なんですが)最初はせいぜい怒られていろ。」ということです。

この言葉に出会って「ああ、そうか。確かに自分には何もできない。最初は怒られながら仕事を覚えていくしかないんだ。」と思ったんです。

どんな企業でも「新人がとても優秀なバリバリの即戦力」というのはありえないと思います。ノーミスで仕事をするというのも極めて難しいと思います。

自分も現在いろいろな人から文句を言われまくっています。(そんなに乱暴な言い方ではないのですが、結構きついことを言われます)

上の言葉を直接上司なりに言われるとかなりキツかったと思いますが、まったく関係のないところで出会ったので、すんなりと受け入れられました。

つまりはどんな人でもある程度は、叱責等を覚悟して仕事に臨まねばならないということだと思います。

特に覚悟していなくとも、一度その世界に飛び込んでしまえば(仕事をし始めれば)いやおうなしに叱られることが出てきますし。

ですから一度といわず何度でも飛び込んでしまうのがいいと思います。ジャンプ台から飛び込んでしまえば、あとは本人の意思とは関係ありません。

飛び込めるかどうかは周りの環境が重要ですね。親御さんが周りにいると「甘えられる」ので「甘えてしまう」だけです。私も社会に出るまでは中高大と寝坊と遅刻の連続でした。

甘えられたんですね。しかし、社会人になるとそんなこと、とてもできません(あらゆる場面での信用問題になります)ので、まだ致命的な遅刻はしていません。(まだ勤めて2、3年ですが)毎日、朝はネムネムとの闘いです。

貯金も収入も頼る人もいなくてどうしようもなくなったら「火事場のバカ力」のように「とにかく金~~」となります。

ただ、そうなる前に手は打ちたいですね。人間である以上、追い詰められると誰しも仕事ではなくて、犯罪に走る可能性がゼロではないので。(コレは言いすぎかな・・・)

>私はとても子どもっぽく

すいません。自分もかなり子どもっぽいです。もう「オジサン・おっさん」と小中学生に言われるような年齢なんですが・・・。(上のネムネムなんていい例です)

ですので全く気にしなくていいですよ。

対外的にその表出をひかえればいいだけです。自分もできるだけひかえているつもりですが、それでもでます。

けど、まぁ迷惑をかけているわけでなし、自分が恥ずかしいだけなので、ノープロブレムと思っています。

>ボーっとする

緊張する場面ではきっとそんなことないですよ。たとえば人前でスピーチするなど緊張する場面でボーっとするなんてよほど大物ですよ。

>忘れ物、なくし物、道に迷うなど、失敗ばかりです。

メモ魔になってください。かなり改善されます。私は手帳を使っています。

あと、自立についてですが、私も正直な話、自立はしていないと思います。仕事をしているので確かにお金は一定金額が入ってきますが、それで自立しているとは思いません。

今、親と同居しながら(一時期流行った「パラサイトシングル」って言うんですか?)の生活です。食事(朝夕)洗濯・掃除など家事の大部分を母親に任せてしまっています。(情けない話ですが)

ですが、まず収入がないと生活していくうえでは致命的なので、仕事を第一に生活しています。親との同居人はそんなもんですよ。(それとも自分は少数派?)

つくづく思うのですが、あらゆる意味で仕事は自分を成長させてくれます。

特に人間としての成長面は学校での比ではありません。「つらいことに耐えること」「人の役に立ち、喜びを覚えること」で成長していくんだろうなぁなどと思っています。

我ながらちょっと文章が長いですね。こんなに長く書いていらっしゃる方も他におられないのにでしゃばりすぎかな・・・と思いつつ続きを。

あと、「友達はいない」とおっしゃいますが、仕事をすれば同僚もできて、おしゃべりもしますよ。(自分の場合、互いの仕事の愚痴が多いような・・・)ノープロブレムですね。

今はコミュニケーションに自信がもてていなくても、仕事をすることで徐々にうまくなりますよ。自助努力も必要ですが。

ちなみにココで私が言うコミュニケーション能力とは「他人からの苦情処理能力」「人の話を上手に聞いてやる能力」であって、友達とおしゃべりする能力ではありませんのであしからず。

長くなりましたが、最後に「自分で決めて、自分で行動する」ようにしてください。するのも自分、やめるのも自分です。

日本において社会に出るまでの人生では、その多くが「できるからそうしてきた」というのが多いと思います。

たとえば、「ここの高校に「合格できる」から通っていた」など、自分で決めてきたはずの人生において、自分の意思だけでなく、結構自分の環境に左右されているはずです。

それを破壊してまで、自分の意思を貫き通すという人は、まれのように思います。自分もそうでした。

たまたまそこの高校・大学に受かって・・・という人生でした。常に第一志望(理想)とは違っていました。

それができるうちはいいのですが、大人になればそうも言っていられません。

ご自分で「今の状態(自分)では良くない」と思われているようですので、周りの環境が変化するのを待つのではなく、環境にたいして自分が変えていこうとしないとなかなか変わりません。

学校教育は社会制度として組み込まれているので、「なんとなく」でも進めるのですが、その先の道は今では用意されていないんです。

かつては「親の職業を継ぐ」などでありましたが、今では家で商売でもやっていないと難しいです。

結論的に言いますと(「最後に」から長い・・・)お金の多少は気にせず(←これはちょっと乱暴な言いようですね)、まずは働く場所を見つけるといいと思います。

もちろん正社員などでなく、パート・アルバイトからでも十分です。そこでさらに自分に足りないものが見えてくると思います。それを補うためにどうすべきか考えてみてください。

考え抜いて答えが出なければ、周りに相談してください。そこからはじめられてはいかがですか。

あ~なげぇ・・・。しかも説教くさい・・・。

2006/12/26(Tue) 04:45:05


アドバイスありがとうございます / ミイ

クゥさん、丁寧なアドバイス、ありがとうございます。

新人のうちは失敗をして怒られるのは当たり前なんですね。

私は要領が悪いので、怒られる事も多くなると思いますが、最終的には皆に追いつくと思って、がんばるしかないですね。

前のアルバイトは4ヶ月くらいで「もう私にはムリ!」と思ってやめてしまいましたが、やはりもう少し続けてみないと、本当にムリかどうかはわからないかも、と思いました。

それから、私は両親がまだ若いため、つい甘えてグズグズしてしまうのですが、考えてみれば失敗できる今のうちにチャレンジをして、親が年を取った頃には立派な大人になっていたほうがいいですね。

切羽詰ってから慌てるのはよけいに辛いと気付きました。

>「自分で決めて、自分で行動する」

確かに、そうしないと何も変わらないですよね。

今は24時間、何をするかは自分で決めているので、だらけがちになっていますが、逆に今の行動が未来を左右すると思って、身を引き締めなければと思いました。

たくさんの率直なご意見をいただいて、とても参考になりました。

来年は新しいアルバイトを見つけたいです。

メモも常に持ち歩いて活用しようと思います。

本当にありがとうございました。

2006/12/26(Tue) 22:33:22

上に戻る

掲示板過去ログトップへ戻る

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同じカテゴリーの記事

その他のカテゴリ

上に
戻る