株で就活の幅を広げる

株で就活の幅を広げるのアイキャッチ画像「就職サイトなのに、なぜ株なのか?」と思われた方も多いことでしょう。

しかし、株について勉強するのは、経済について勉強することに等しいのです。

新卒の時になんとなく大手を目指して、中小企業がまったく目に入らなかったような人でも、株を勉強することで就職活動の幅を広げることができる可能性があります。

ですので、興味を持ったのなら、ぜひ株について勉強をしてみてください!

そもそもなぜ多くの人たちが、大手を目指すのかと言えば、安定がそこにあると考えているからです。つまり、中小企業はいつ倒産するのか分からないから嫌だという人がいっぱいいるという事です。

しかし、逆に言えばその人たちはこれから伸びていく可能性のある企業をまったく見れていなかったということでもあります。株を勉強すればまったく企業のことが分かっていなかったときに比べ、幅広い視野を持って就活に挑めると思います。

つまり、リスクの高いと思っていた企業が、そんなにリスクが高くない企業であるということに気づく事ができるということです。

株価は企業の価値を表しているといえるでしょう。ですので、SONYやTOYOTAなどの大手の株価はかなり高いです。逆に中小企業の株価は安くなっています。

それならば、大手のほうがいいと思ってしまいますが、既卒という立場から大手に採用されるというのはかなり難しいものです。ということは、中小であっても安心して仕事のできる企業を見つける必要が出てきます。

株を勉強していれば、していないときに比べ、伸びていく可能性のある企業を見分ける力がついてきます。また、小さいながらも、健全な経営をおこなっている企業も見つける事ができるようになります。

いくら大手であっても、負債が山ほどある企業は健全な企業とはいえません。ブランドにばかり目を奪われて、そういった企業に就職しても、この先どうなっていくか分からないです。

しかし、小さいながらも健全な経営を心がけている企業では安心して仕事ができるはずです。

それに、中小企業の魅力は、これから伸びていく可能性があるという所です。大手に勤めていれば既に確立されている面が多いので、伸びていく楽しみは中小企業に比べ少ないです。

この自分の努力によって企業が成長していくという事を味わえるのは、仕事の醍醐味でもあると思います。安定していて、企業の成長を見守ることができる、こういった企業に勤めれられたら一生の仕事として申し分ないのではないでしょうか。

見る目さえ持っていれば、大企業にこだわる必要はなくなります!

ぜひ株の勉強を通して企業の仕組みや経済に興味を持って欲しいです。

yahoo!finance
無料で株に関するあらゆる情報を提供してくれるサイトです。

株価の検索サービス、ポートフォリオへの登録、メッセンジャーを使った株価のチェックなど色々なサービスがあります。
一番やさしく株がわかる
これはサイトじゃなくて本です。
初心者には本の名前の通りほんとに分かりやすいです。

私がこの本を買った理由は、アマゾンの批評がよかったからです。批評の中に「作者が女性なのでかゆいところに、手の届く内容です。」とかかれていたのですが、私が読んでみても本当にかゆいところに手が届いていました。(笑)

分かりにくいと思ったところを、分かっている著者って少ないと思うのですが、この本の著者は良く分かっているようでした

興味のある方は読んでみてください。
日経キーワード重要500(2006年度版)
この本ははっきりいって就活本の一つだと思います。
就活を始めるときに、よく経済新聞を読めといわれましたよね。その経済新聞を読み解くためのキワードの解説本です。

この本のいいところは、キーワードの説明を今現在の経済状況の説明とともになされている所です。

この本で、今の日本の経済状況を知ることができます。流通やネットや医療・福祉や金融など様々なジャンルのキーワードが分かりやすく紹介されており、自分の志望している企業以外の知識も身に付ける事が出来ます

こういった幅広い知識は株式投資をする際にもかなり役立つと思いますし、なにせ就活本ですから、就活に役に立つのは言うまでもないです。
ここはSBI証券といって、株の取引を取り次いでくれる証券会社です。

株の取引では、手数料がかなり取られるのですが、SBI証券は業界最低水準の安い手数料を実現しています。

これは初心者にとってはかなり良いと思います。練習段階では、何度も取引をして、手数料がかさんでしまうものです。

しかし、ここなら、手数料を気にすることなく取引できます

初めての方は、ぜひここから始めてください!
  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る