既卒になっても、20代は企業が喉から手が出るほど欲しい人材

既卒になっても、20代は企業が喉から手が出るほど欲しい人材のアイキャッチ画像既卒になってしまった今、もう自分を必要としている企業は無いのだと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、企業は、履歴書や面接など色々選考をしますが、若くて元気な人ならほしいと思っている事が多いのです。

企業に勤めている年配の方に話を聞くと、技術なんてヤル気があれば誰だって身につくと言う人が多いです。

つまり、技術や資格なんて、その仕事を本気でやるという人なら誰でも身につけられると長年の経験から感じているのだと思います。

特に、20代の成長スピードの速さを感じている人は多く(実際にそうなのですが)、20代の若い人を積極的に採用したいと考えている企業はたくさんあります。

この事に関して、大企業では、20代で、元気があり、それにプラスアルファを求めてくるので、採用されるのが難しくなります。

というのも、大企業は採用においてかなり有利な立場にあるので、これだけの条件を設けても人がたくさんやってくるからです。

しかし、中小の企業に関しては、ここまで条件を設けてしまうと誰も採用できないということになってしまうので、20代で元気さえあれば良いという企業が本当にたくさんあるのです。

ただし、当然のことですが、就職活動において、選考の試験や面接に対してちゃんと対策をしているというのは大前提になってきます。

就職活動のアドバイスをしている所で教える事の多くが、面接時のマナーや履歴書の書き方などほんとうに基本的な事です。

つまり、これらの基本的な事ができていない人が結構いて、そういう人は何度も落ちてしまうのです。

これらの事がきっちりできているなら、20代というだけで自信を持ってもいいと思います。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る