資格を持っていると就職活動で有利なの?

資格を持っていると就職活動で有利なの?のアイキャッチ画像新卒が就職活動をする場合には、資格は無いよりはあったほうがいい、という程度に考えている企業が多いです。

しかし、既卒の場合は資格取得の価値は新卒に比べてもかなり大きいです。

特に既卒になってから取得した資格があるのならば、取らなかった人より就職活動においてかなり有利になるはずです。

企業側の立場になれば分かると思いますが、雇う人材には入社してから活躍してもらうためにも、自己啓発(自ら成長していく事)をして欲しいわけです。

そして、そういう人材であるかを見分けるのに、新卒であれば大学時代の活動などを聞き、既卒であれば既卒になってから何をしていたのかを聞くのです。

しかし、フリーターや何もしてこなかった人はこの点でつまづいてしまいます。

フリーターの方であれば、アルバイトの経験について話す事はできるのですが、これはちょっとアピール材料としては弱い気がします。

なぜなら、それは必要最低限の事であると考えられるからです。

生活をしていく為にはお金が必要で、そのためにアルバイトをしている程度にしか考えてもらえない可能性があります。

それらの事が、入社してから自己啓発に励む人であるという証明には中々なりにくいのです。(就職してからの仕事に繋がるアルバイトは別です)

その点、既卒になってから資格を取得した人は自分を成長させる意欲のある人だと受け止められます。

例え、学生時代に内定をもらえなかったとしても、内定をもらえるように資格取得にも励みましたとアピールできます。

また、学生時代には就職活動をしなかった人でも、やりたい事が見つかったので、それを実現するために資格取得に励みましたという事ができます。

ここまで読んでいただければ、既卒にとって資格取得が重要である事が分かっていただけたのではないでしょうか。

既卒という立場は、アピール材料が本当に少ないので資格取得という手段があるのは本当にありがたい事です。

もし、今、就職活動が上手くいっていないのであれば、資格取得も考えてみてはいかがでしょうか。

資格取得の為に勉強中というのもアピール材料になると思いますよ。

資格については、「資格取得のすすめ」で私や当サイト利用者の人の資格取得体験談を載せていますので見て下さい。

また、人気資格については、「就職活動をする前に取っておきたい資格」で紹介していますので、こちらもチェックしてみて下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る