「なぜ既卒になってしまったのですか?」という面接での質問へ答えるには?

「なぜ既卒になってしまったのですか?」という面接での質問へ答えるには?のアイキャッチ画像既卒になると、新卒時に就職活動をしていても、いなくても、面接での評価が悪くなる可能性があります。

下手な回答をしてしまわないように、前もって既卒者が聞かれるであろう質問を想定して回答例を考えておくことが重要です。

既卒者への質問で回答に迷ってしまうのが「なぜ既卒になってしまったのか?」「卒業するまで就職活動はしていなかったのか?」というものです。

新卒時に就職活動をしていて内定をもらえなかった場合は、

「何社も受けて内定できないということはどこかに問題があるのでは?」

といった懸念を面接官は持つ可能性があります。

また、新卒時に就職活動をしていない人の場合は、

「危機感を持って物事に取り組むことができないのでは?」

「のんびりしている人なのでは?」

という印象をもたれてしまう可能性があります。

どちらもあまり印象がよいものではないのですが、恐らく既卒者の皆さんが志望することになる中小の企業においては、これ位のハンディキャップは面接の回答しだいで十分取り返せるものだと思います。

誰もが知っている大企業は、少しでも問題があると見るとすぐに不採用印を押しがちです。

しかし、中小の企業は中々優秀な社員が取れないという事情もあり、ある程度の範囲までは大目に見る傾向があります。

新卒時に内定を貰えなかった既卒者の場合の面接回答例

新卒時に内定を貰えなかった人は、既卒になってからもそのまま就職活動を続行するのではなく、ハローワークや就職活動のアドバイザーがいる企業を利用して、一度履歴書の書き方や面接の受け方をチェックしてもらったほうがよいでしょう。

自分や親では気づかない部分で減点されてしまい、採用に結びついていない可能性は大いにあるので、まずは専門の人にアドバイスをもらいましょう。

その後に面接で「なぜ既卒になったのか?」を聞かれた場合には、就職活動のアドバイスの中で自分のだめだった部分を指摘されたと思うので、それを説明して改善してきたといった説明をしましょう。

面接官も失敗した事や駄目な部分を修正する努力をしている人に、前向きな印象を持つので、ただ漫然と就職活動を続けている人よりプラスの点数をつけるはずです。

また、長期間就職活動を続けているということは相当苦しいことだと面接官も知っています。

それらの経緯を説明して再度自分のしたいことを考えた結果、御社の行っている事業に非常に魅力を感じたなどと説明すると面接官も共感してくれるでしょう。

一例だけ回答例をあげると

私は、新卒時も就職活動を続けていたのですが中々内定をもらえず既卒者になってしまいました。

このまま就職活動を続けても内定を得るのは難しいと考え、ハローワークで就職アドバイザーの方に改善点を指摘してもらいました。

その中で、~な態度をとってしまっていた事を知り改善の努力をしてきました。まだ未熟ですが、これらの事を仕事を始める前に知る事ができて良かったと思っております。

また、長期間の就職活動の中で再度自分のしたい仕事について見つめなおした結果、御社の~事業(~の商品)に魅力を感じ、ぜひそれらに関係する仕事をしたいと思い応募させていただきました。

今度こそは就職をし、仕事に一生懸命取り組みたいと思っております。

といった形で回答すると、面接官も今後のあなたに期待してくれるはずです。

新卒時に就職活動を行ってこなかった既卒者の面接での回答例

新卒時に就職活動を行ってこなかった既卒者というのは結構多く、フリーターの人にも就職活動を行わなかったために、フリーターを続けているという人も多いです。

こういった人は非常に多いことから、面接官も対処に慣れている部分もあり、特に問題がないとなれば採用される事もあります。

ただし、少し人気のある企業になると、他の人が就職活動に取り組んでいる中で何もしないことに、大きくマイナス点を付ける可能性があります。

仕事は自分の都合だけで進んでいるのではなく、多くの関係者がいますのでマイペースで過ごしてしてまう人は問題を起こす可能性があると考えてしまうのです。

とはいうものの、先ほども書いたようにこのような人は非常に多いことや、学生気分が抜けきらないというのは十分に起こりうる事ですので、今後に期待できると思わせることができれば採用されやすくなります

面接での質問への回答例をあげると

私は、新卒時に就職活動を行うことなく卒業してしまいました。就職活動をしてこなかったのは、就職活動をするということに真剣になれない自分がいたからです。

しかし、周りの友人が就職をしていく中で私だけが既卒という立場になってしまい、今更ながら、いつまでも学生気分でいたことを本当に後悔しています。

そして、今少し焦りながらも就職活動に取り組み始めました。

そんな中御社の~の事業に非常に興味を持ち、この仕事なら続けていけそうだと思い応募させていただきました。

友人には一歩も二歩も出遅れてしまいましたが、これから御社で遅れを取り戻したいと思っております。

といったように答えると、今はもう以前の学生気分の状態ではないということを説明できているので、面接官も納得してくれるはずです。

まとめ

既卒になってしまう人というのは、少し自分に甘かったり、不器用だったりする部分があるのかもしれません。

しかし、実はそういった人は新卒からそのまま就職していった人の中にもたくさんいるというのも事実です。

既卒になってそういった部分を改善できて就職できれば、決して他の人に出遅れたということにはならないはずです。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る