内定を辞退したい場合はどうすればいいの?

内定を辞退したい場合はどうすればいいの?のアイキャッチ画像既卒という立場からやっと内定を貰っても、内定を辞退したいと思うこともあるでしょう。

他の企業からも内定を貰ったり、就職活動をもっと続けたいと思ったときなどです。

しかし、内定辞退は結構勇気がいるので、連絡するのに躊躇(ちゅうちょ)する人が多いです。

しかし、内定辞退を遅らせるのは、自分にとっても相手企業にとってもプラスになることは何もないので、断りの連絡は早くするようにしましょう。

相手企業は、内定を貰った人のための準備を進めているかもしれませんし、また内定を辞退された場合は、その人の分を埋める新たな採用をしなければいけないので、辞退を躊躇されるよりは、早く断って欲しいと思っています。

ですので、早めに連絡をするようにしましょう。

内定辞退の連絡の方法については、私も内定を辞退しているのでその経緯を書かせてもらいます。

内定辞退体験談

まず私は、電話で内定辞退の連絡をしました。

すると、相手企業から来社して挨拶しに来て欲しいといわれました。

はっきり言って内定を貰った企業に行くのは嫌で嫌でたまりませんでした。

しかし、変に責任感が強いために、嫌ですとは言えず企業に断りの挨拶をしに行きました。

ちょっと余談なのですが、最近買った就職活動本の中に「会社に来て事情を説明してください」といわれても行かない方がいいと書いていました。

そんなことは早くいってくれよって感じですが、私は行ってしまったのですよ。

会社に着いてからまずした事は、人事の方に頭を下げて謝りました。

すると予想外の展開が・・・

怒られるかと思っていたのですが、人事の方は私が就職しないことを心配してくれているようでした。

その時は、逆にこんないい人がいる企業の内定を辞退してしまう自分を攻めてしまいましたよ。

そして、すこしばかり事情を説明させていただいて最後にまた頭を下げて帰ってきました。

これは、私の経験なのですが相手企業に誠意を見せて断れば特に問題なく内定を辞退できると思います。

しかし、私は企業に行って内定辞退をしたのですが、皆さんはなるべく電話で済ましたほうがよいでしょう。

企業に内定を断りに行く前の晩は夜も眠れませんでしたからね。(いや、グッスリ寝てたかも?(笑))

しかし、電話であっても相手企業に多大な迷惑をかけたことには変わりないので、誠意を持ってきっちり断るようにしてください。

それと、中には内定誓約書なるものにハンコを押した方がいるかもしれませんが、そういった書類には法的拘束力がないので内定を辞退する事は問題ないので大丈夫です。

何度もいってる事ですが、内定を断るのは早くするに越したことはないので早めに連絡しましょう。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る